生物多様性保全

日本郵船グループと生物多様性の関係性マップ

企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)が開発した「企業と生物多様性の関係性マップ」を参考に、海運業のライフサイクルと生物多様性への影響、及び関係した当社の取り組みを纏めたものです。当社は、船を調達する・運航する・処分する、などの全過程において生物多様性に影響を与える可能性があるということを認識し、今後も、さまざまな対策を実施していきます。

日本郵船グループと生物多様性の関係性マップ

日本郵船グループと生物多様性の関係性マップ
  1. ※1デュアルレーティングシステム
    高速運航時と減速運航時のそれぞれに最適な2つの出力レンジを任意で選択できるシステム
  2. ※2MT-FAST
    プロペラ前方に複数の翼を取り付けることで、プロペラの回転から生まれる旋回流による損失エネルギーを回収する省エネ装置
  3. ※3SPAS:Ship Performance Analyzing System
  4. ※4SIMS:Ship Information Management System
  5. ※5LiVE:Latest Information for Vessel Efficiency
    SIMSで収集したビッグデータを可視化し、最適運航の為の判断を助けるシステム(ポータルサイト)
  6. ※6VPAS:Vessel Performance Analysis System
    船舶から送られる各種データを基に性能を解析するソフト
  7. ※7Capt's DOSCA
    最新の気象・海象予測情報を船舶へ配信するシステム
  8. ※8バラスト水処理装置
    船舶が航行時のバランスを取るために船内に貯留するバラスト水(海水)に対して、混入している海洋生物の殺菌を行う装置のこと。貨物を揚げた時に海水をバラスト水として注入し、貨物を積むときに排出する。バラスト水を殺菌処理する事で、生態系のかく乱を防ぐ。

「生物多様性宣言推進パートナーズ」への参加

日本郵船は「日本経団連 生物多様性宣言」の趣旨に賛同し、2009年12月に「日本経団連生物多様性宣言」推進パートナーズに参加し、また、2010年10月に発足した「生物多様性民間参画パートナーシップ」へも参加しています。生物多様性宣言及び行動指針に則った事業活動を行っていきます。

日本経団連生物多様性宣言(要約)

  1. 1自然の恵みに感謝し、自然循環と事業活動との調和を志す
  2. 2生物多様性の危機に対してグローバルな視点を持ち行動する
  3. 3生物多様性に資する行動に自発的かつ着実に取り組む
  4. 4資源循環型経営を推進する
  5. 5生物多様性に学ぶ産業、暮らし、文化の創造を目指す
  6. 6国内外の関係組織との連携、協力に努める
  7. 7生物多様性を育む社会づくりに向け率先して行動する

バラスト水を適正に処理し、生物の多様性を保全

海洋環境に影響を及ぼす水生生物の越境移動を防止するために、IMOにおいてバラスト水管理条約が2017年9月に発効しました。この条約では、バラスト水処置装置※1の順次搭載を義務付けています。当社グループでは、計画的にバラスト水処理装置の搭載を進め、2024年には全船への搭載が完了する予定です。

  1. ※1バラスト水処理装置
    船舶が航行時のバランスを取るために船内に貯留するバラスト水(海水)に対して、混入している海洋生物の殺菌を行う装置のこと。貨物を揚げた時に海水をバラスト水として注入し、貨物を積むときに排出する。バラスト水を殺菌処理する事で、生態系のかく乱を防ぐ。