途上国支援

NYKグループのリソースを活用し、途上国の人々に教育、健康、労働などの機会を平等に提供できる社会の実現を支援します。

中古ランドセル・再生自転車の無償輸送

当社は公益財団法人ジョイセフの『思い出のランドセルギフト』と『再生自転車の海外譲与活動』に賛同し、コンテナ船を運航するグループ会社とともに、アフガニスタン・カンボジアなどへの輸送協力を実施しています。

アフガニスタンの子どもたちの多くは、毎日片道10キロ以上離れた教室まで険しい山道を通学しています。教科書やノートをランドセルに入れて肩に背負うことで、山道を安全に歩くことができるようになりました。また、子どもたちを働き手としてのみ考えていた大人たちは、ランドセルを背負って学校に通う子どもたちの姿を目にすることで、教育の重要性を意識し始めました。ランドセルは同国の人々にとって、基礎教育のシンボルにもなっています。
2004年開始 実績累計237,880個

地方自治体とジョイセフで構成される「再生自転車海外譲与自治体協議会」では、放置された自転車を整備し、ジョイセフが支援している開発途上国に寄贈しています。途上国の農村地域では道路が整備されていないことが多く、届けられた再生自転車は現地の助産師や保健ボランティアが地域住民を巡回訪問する際の足として、保健医療の普及活動に役立てられています。
2000年開始 実績累計39,674台

絵本無償輸送

当社はアジアの子どもたちへ教育支援活動を行っている公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)の「絵本を届ける運動」に賛同し、コンテナ船を運航するグループ会社とともに、カンボジア・ラオスなどへ輸送協力を2004年より実施しています。

SVAは1999年より日本で出版されている絵本に現地語の翻訳文を貼って子どもたちに届けるボランティア活動を展開しています。現地では内戦や貧困のため、学校や教材が不足しており、子ども向けの本を書く作家もほとんどいません。SVAが配布する絵本は図書館や学校の授業などで使われ、識字教育や情操教育に役立てられています。
2004年開始 絵本輸送実績累計288,453冊

フェアトレード商品の販売

本店社員喫茶室で販売するコーヒーを2016年4月から全面的にフェアトレード商品に切り替えました。フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」です。コーヒー以外にも紅茶やチョコレートなど、グローバルな社会課題への意識向上と身近なところから始める社会課題解決への貢献の一環として、認証ラベルを取得したフェアトレード商品を取り入れています。

※国際フェアトレード認証ラベル

※世界フェアトレード連盟(WFTO)保証ラベル

ヘルシーメニューでTABLE FOR TWO活動を支援

2009年4月より特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)の活動に賛同し、TFTヘルシー弁当の販売を開始、売り上げ個数に応じた金額を同団体へ寄付していました。その後、2013年10月より週に1回、社員食堂にてTFTヘルシーメニューを提供しています。1食当たりの寄付額20円は開発途上国の子どもたちの学校給食1食分になります。

TFT自動販売機(2010年12月~)も設置しています。1本購入される毎に当社とキリンビバレッジ(株)より合計2%が、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)の活動へ寄付されます。

使用済切手・外貨コイン・中古本などの回収

使用済切手・外貨コイン・中古本などを社内で回収し支援団体に寄付しています。
各支援団体を通じて、子どもたちの教育支援や紛争・災害等に直面する人々の居住環境改善を支援しています。