郵船みらいプロジェクト

郵船みらいプロジェクトでは、「みらい」を担っていく世代に海運業と社会が密接につながっていることを伝え、子どもたちだけでなくステークホルダー、一般の方々を含めた皆さんに、外航海運やそれに携わる船員の仕事について理解していただき、「海運」のファンを増やしていく活動を推進しています。

郵船みらいプロジェクトの具体的な取り組み

一般

現役船員による出前授業

当社の現役船員が、実際のエピソードを交えながら、教科書からは学べない生きた授業を提供しています。出前授業は随時受け付けています。

一般

職業体験イベントへの出展

春/夏休みを中心に、外部イベントにて職業体験を実施。操船シミュレータ体験やエンジンキットの分解など、船員の業務に触れる機会を設け、子どもたちに船員を身近に感じてもらうことを目指しています。

関連リンク:
一般

ターミナル見学

東京の大井コンテナターミナルでは学生の方を対象にターミナル見学を実施しています。ターミナル見学は随時受け付けております。

一般

船の一般公開

横浜を中心に、船と船で働く船員を紹介する一般公開のイベントを実施しています。当社運航の自動車専用船の船橋や機関室といった、普段はなかなか見ることのできない貨物船の内部を公開しています。

関連リンク:
商船系

国際海事交流

当社がフィリピンで運営する商船大学NYK-TDG Maritime Academyと日本の商船高等専門学校、商船系大学との国際交流プログラムを実施しています。

関連リンク:
商船系

商船系学校教員の外航貨物船体験乗船

商船学科教員に対して、当社運航船の体験乗船の機会を設けています。一般商船の現場を体験することで深めた理解を、教育現場でもいかしていただくことを目的にしています。

こちらのサイトでも海運に関わる話を紹介しています

お問い合わせ先

郵船みらいプロジェクト担当 Eメール:
NYKJP.S.MIRAI_PJ@nykgroup.com