• プレスリリース
  • 定期船

物流子会社の再編に関するお知らせ

~郵船ロジスティクスグループの国内物流事業を強化~

日本郵船株式会社
郵船ロジスティクス株式会社
横浜共立倉庫株式会社

日本郵船株式会社(以下NYK)はグループ会社の国内物流事業の強化を目的として、横浜共立倉庫株式会社(以下YKS)を郵船ロジスティクス株式会社(以下YLK)グループ傘下とする事業再編の実施を決定しました。

YKSの強みである冷蔵冷凍倉庫運営や食品・流通加工ビジネスの基盤をYLKグループに取り込むことで、多様化するお客様の需要に応えるとともに、さらなる事業拡大を目指します。

1.概要
NYKが保有するYKSの株式をYLKに承継させる会社分割(吸収分割)を行い、YLK傘下とする組織再編を実施します。

2.再編の目的
以下のシナジー効果により、YLKグループは、国内における物流事業の競争力強化と将来にわたる安定的なサービス供給を図ります。

(1)国内食品物流事業の強化
YKSの強みである冷凍倉庫運営等の食品・保冷ビジネスのノウハウをYLKグループに取り入れ、国内における食品物流事業の強化を図ります。

(2)人材および技術交流によるコントラクト・ロジスティクス事業の強化
YKSが持つ倉庫業務、流通加工、輸配送業務などの現場に強い人材をYLKグループが受け入れることで、国内コントラクト・ロジスティクス事業における現場力向上に努めます。

(3)顧客基盤の拡大
YLKの国際輸送におけるネットワークを生かして、食料品保管やその流通加工を中心とする既存の顧客基盤を拡大、新たなビジネスの創出を図ります。

3.スケジュール
 2020年4月30日 NYKとYLKの間で分割契約書を締結。
 (以下、予定)
 2020年7月1日 本吸収分割の効力発生。

4.各社概要
<日本郵船株式会社>
(1)本店所在地: 東京都千代田区丸の内
(2)事業内容: 一般貨物輸送事業(定期船事業、航空運送事業、物流事業)、不定期専用船事業、その他事業(不動産業、その他の事業)
(3)代表者: 代表取締役社長 長澤 仁志

<郵船ロジスティクス株式会社>
(1)本店所在地: 東京都港区芝公園
(2)事業内容: 各国航空船舶会社の代理店業、貨物利用運送事業、国際複合一貫輸送事業、およびその代理店業、貨物自動車運送事業、海運仲立業 /通関業/倉庫業、医療部外品、化粧品および医療機器の包装・表示・保管業、コンテナ、荷役機器、物流機器および物流情報システムの貸渡業、損害保険代理業、物流コンサルタント業、その他上記に付帯または関連する事業
(3)代表者: 代表取締役社長 神山 亨
(4)株主:日本郵船株式会社100%

<横浜共立倉庫株式会社>
(1)本店所在地: 横浜市鶴見区大黒町
(2)事業内容: 普通倉庫業 冷蔵倉庫業 貨物運送取扱い業 トランクルーム事業
(3)代表者: 代表取締役社長 菊地 弘訓
(4)株主:日本郵船株式会社89%ほか

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。