1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2019年
  4. 当社グループ運航船が北大西洋でヨットを救助
 
 

当社グループ運航船が北大西洋でヨットを救助

2019年2月1日

当社グループのNYK Bulkship (Atlantic) NVが運航するばら積み船「FRONTIER JACARANDA(フロンティア ジャカランダ)」は1月18日(現地時間)、北大西洋で遭難していたヨットの乗組員1名を救助しました。

 本船はオランダ・ロッテルダムに向けて航行中、英海事救援調整センターから救援要請を受け、ただちに指定された場所へ向かい救助活動を行いました。救助されたヨットの乗組員1名(国籍:英国)の健康状態に問題はなく、1月20日にカーボヴェルデ共和国の合同救助調整センターに引き渡しました。

【FRONTIER JACARANDA概要】
船長 : エドガー スルペシオ シー ロレンテ(Edgar Sulpecio C. Llorente)
船籍 : パナマ
船種 : ばら積み船
総トン数 : 93,288トン
船舶管理 : 旭海運株式会社

 

              救助の様子

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。