1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 巨大な自動車船やタグボートを約1,300名が体感
 
 

巨大な自動車船やタグボートを約1,300名が体感

2018年7月23日

―横浜「うみ博」での見学会・乗船会―

 当社グループは「海洋都市横浜うみ博2018 ~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」(以下「うみ博」、注1)に参加し、7月21日から2日間、横浜港で海運業界や船の魅力を発信するイベントを開催し、家族連れをはじめとした約1,300名の方々にお越しいただきました。

 初日には、7,000台以上の自動車を積載できる巨大な自動車専用船に乗船し、操舵室・機関室・貨物室などの内部をご覧いただく見学会を開催しました。
 船内では、熟練ドライバーによる自動車の積み付けデモンストレーションのほか、自動車をフロアに固定する作業(ラッシング)やエンジン模型の分解・組み立てといった体験イベントも実施しました。
 また、船内にはさまざまな船の模型・パネルや膨張式救命いかだ(注2)を展示し、岸壁ではオーシャンネットワークエクスプレスジャパン株式会社の協力によりコンテナ内を冷却したリーファーコンテナ(冷凍・冷蔵貨物の輸送に使用される特殊コンテナ)を展示するなど、さまざまな角度から子どもたちを含む多くの来場者に貨物船や船員の仕事への理解を深めていただきました。

 2日目は、タグボート体験乗船会(注3)を行い、抽選で選ばれた35名の方々に横浜港内のショートクルーズを楽しんでいただきました。また、ステージプログラム「海の女子会」では、当社社員の射手充代一等機関士が仕事のやりがいや職場環境などについて語り、多くの来場者に外航船員の仕事の魅力を紹介しました。

 当社グループは今後もこのような機会を通し、私たちの生活を支える海運の重要性を広く知っていただくよう活動します。

(注1)「海洋都市横浜うみ博2018 ~見て、触れて、感じる 海と日本PROJECT~」
海洋に関する企業・団体が設立した「海洋都市横浜うみ協議会」が、子どもから大人まで多彩な海の魅力を体感してもらうために横浜港で主催するイベント。開催3年目となる今年は、約2万3千人が来場しました。

(注2)膨張式救命いかだ
船舶の遭難時に使用する救命いかだ。通常は小さく格納されており、海面に投下するとガスで膨張していかだの形になる。見学会では、当社グループの三洋商事(株)が販売代理店を務めるアール・エフ・ディー・ジャパン(株)製「RFD-Toyo」を展示。

(注3)タグボート体験乗船会
当社グループの(株)ウィングマリタイムサービスが主催。タグボートとは、大型船の岸壁や桟橋への離着岸の補助を行う小型船。曳船(えいせん)とも呼ばれる。



横浜大さん橋に停泊中の自動車専用船「ピスケスリーダー」
 
船長になりきって操船する女の子

リーファーコンテナの展示
 
海図の読み方を教わる様子

タグボートの体験乗船会
 
エンジニアから説明を受ける様子

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。