1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2017年
  4. 当社運航船が南太平洋で遭難したヨットを救助
 
 

当社運航船が南太平洋で遭難したヨットを救助

2017年4月25日

当社が運航するばら積み船「KEY OPUS」は4月15日、南太平洋で遭難していたヨットの乗組員1名を救助しました。

 
本船は4月15日にオーストラリア・ブリスベンからチリ・メヒヨネスに向けて航行中、ニュージーランドの救難調整センターから救援要請を受け、悪天候により遭難していたヨットの救助活動を行いました。救助されたヨットの乗組員(国籍:ポーランド)の健康状態に問題はなく、チリに到着次第、ポーランド領事に引き渡される予定です。

【KEY OPUS概要】
船長 : バル・アラン・アマシィーラ(VALLE ALLAN AMAGSILA)
船籍 : パナマ
船員 : 19人(船長含む、国籍:フィリピン)
総トン数 : 42,999トン
船種 : ばら積み船
船主 : 山丸汽船株式会社

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。