1. ホーム
  2. IR情報
  3. 個人投資家の皆さまへ
  4. 日本郵船の歴史 [第一章 欧米列強の支配から日本の海を守るドラマはひとりの男の決意から始まった]
 
 

日本郵船の歴史

HISTORY of 日本郵船 1世紀半にわたって日本と世界の未来を見つめ、挑戦し続けていた日本郵船、その軌跡。
第一章 欧米列強の支配から日本の海を守るドラマはひとりの男の決意から始まった
岩崎彌太郎
1880年頃の三菱会社幹部
欧州航路開設、第一土佐丸(1896年)
日本郵船株式会社本店社屋(1896 〜 1923年)

明治維新に始まる近代化の歴史を「海運の発達」という側面から眺めることは、貿易立国・日本の姿を見つめ直すうえで、大きな意味をもつ。

坂本龍馬率いる海援隊商法に思想面で影響を受け、土佐で海運業を興す決意をした岩崎彌太郎は、藩の汽船購入やその資金調達の仕事を通して経営の方法を学んだ。そして1870(明治3)年、東京・大阪・高知間で海上物資輸送を行う九十九商会(後の三菱商会)を設立した。

1873(明治6)年、国内外の定期航路を開こうとした三菱商会の前に、米国のPM社(Pacific Mail Steamship Co.)をはじめとする外国企業が立ちはだかる。当時の内外航路は欧米の海運会社が独占し、日本は事実上その支配下に置かれていた。「我々は日本の代表として、内外の航路を自分たちの手に取り戻さなければならない」彌太郎率いる三菱商会は1875(明治8)年、PM社の牙城であった日本と上海を結ぶ航路に定期船を就航させた。規模も実績も大差がある欧米海運会社との戦いは、熾烈を極めた。

今でいう貸借対照表や損益計算書を自分なりに作成し、いち早く近代的な経営手法を導入。荷主に貨物を担保とした荷為替金融(現在の海上物品運送契約における船積船荷証券に近いシステム)を開始するなど、企業人として非凡な才能をもっていた彌太郎によって組織の基盤を固め終えた三菱商会は、激しい運賃競争の末に市場を制していった。やがてPM社は日本の沿岸航路から撤退、上海航路を引き継いだ英国のP&O(Peninsular & Oriental Steam Navigation Co.)社も半年後に断念。1876(明治9)年、三菱会社(当時は郵便汽船三菱会社に改称)の活躍でわが国の海運会社は、内外航路に自由に配船できるようになった。1877(明治10)年の西南戦争の際、郵便汽船三菱会社は軍事輸送の主役を務め、信用と利益を得ると同時に、海運事業を飛躍的に発展させた。

1885(明治18)年、郵便汽船三菱会社は、国内の競争相手であった共同運輸会社と合併し日本郵船会社が誕生する。白地に引かれた二本の赤いライン、通称「二引の旗章」は、当時の日本海運界を代表する三菱会社と共同運輸の二社が大合同したことを表すとともに、日本郵船の航路が地球を横断するという決意を示していた。

客船のメニュー

Episode1 日本の洋食の源流

日本郵船の客船サービスは世界トップクラス、特に食事のすばらしさには定評があった。帝国ホテル、精養軒と並び日本郵船が日本の洋食の源流と評されるのは、船の厨房で鍛えられたコックが下船して広くその味を伝えたため。よく知られるのはカレーライスに福神漬けというアイデア。日本郵船のあるコックの発想によるもので、福神漬けは以後、大いに売れたという。

関連リンク:沿革