• プレスリリース

「箱根丸」が「ふね遺産」に認定

海上輸送の新たな時代を築いた日本初のコンテナ専用船

当社が運航・所有していたコンテナ専用船「箱根丸」が、公益社団法人日本船舶海洋工学会が主催する「第5回ふね遺産」において「海上輸送効率化を実現した我が国初の新造コンテナ専用船」と認定されました。

「ふね遺産」は、価値のある船舟類およびその関連設備を社会に周知し、文化的遺産として次世代に伝える目的で主催され、当社所有の船舶としては2018年(第2回ふね遺産)に「氷川丸」が認定されています。

「箱根丸」は、1968年8月に三菱重工神戸造船所で竣工した日本初のコンテナ専用船で、高速化の為の船型や主機関・プロペラの開発・採用により、それまで80日を要した太平洋横断航路の往復を約30日に短縮するなど、海上輸送の大幅な効率化を実現しました。

当社グループは、ESGの経営戦略への統合を更に加速させることを掲げた、「NYKグループ ESGストーリー」(※)を2021年2月3日に発表しました。今後も歴史的資料の散逸防止や保存に努めるとともに、関連施設の日本郵船歴史博物館を通じて海運の歴史を後世に伝えることで、海事思想の普及に寄与します。

箱根丸


  • ※NYKグループ ESGストーリー
当社グループにおいて、ESGを経営戦略に統合するための考え方と具体的な取り組みを明示する指針。詳細は以下プレスリリースからご覧いただけます。

日本郵船歴史博物館

近代日本海運の黎明期から現在に至るまでの歴史を1885年創業の日本郵船の社史を通して紹介しています。

第5回 ふね遺産について

2021年5月18日に開催されたふね遺産審査委員会での審議により、認定基準に従い第5回ふね遺産認定案件として7件が認定されている。

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。