G6アライアンス、アジア/北米西岸航路、および大西洋航路へ協調拡大―サービス数を増加させ、寄港地拡充と各港での寄港頻度を向上―|日本郵船
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年
  4. G6アライアンス、アジア/北米西岸航路、および大西洋航路へ協調拡大
    ―サービス数を増加させ、寄港地拡充と各港での寄港頻度を向上―
 
 

G6アライアンス、アジア/北米西岸航路、および大西洋航路へ協調拡大
―サービス数を増加させ、寄港地拡充と各港での寄港頻度を向上―

2013年12月3日

当社の所属する定期コンテナ船共同運航組織「G6アライアンス」(注)は、アジア/北米西岸航路および大西洋航路へ協調範囲を拡大することを決定しました。関係当局の承認を得た上で、2014年4‐6月期に新サービスを開始する予定です。
 
今回の協調拡大により、グランドアライアンスとザ・ニューワールドアライアンスそれぞれが提供していた従来のサービスに比べ、広範囲で競争力のあるサービスの提供が可能となります。具体的にはサービス数を増加させ、寄港地拡充と各港での寄港頻度を向上させます。アジア/北米西岸航路では、約76隻で合計12サービスを運航、大西洋航路では約42隻で合計5サービスを運航します。
 
 この協調拡大により、G6アライアンスは既存のアジア/欧州航路およびアジア/北米東岸航路と併せて、東西航路66港を合計約240隻で網羅します。また、東西航路全体でアライアンス各社が、各サービスに最適な船型のコンテナ船を投入するなど、サービスの柔軟性やオペレーションでの相乗効果を高めます。協調拡大後も、マーケティング、営業活動は各社が独立して行います。
 
 当社は、今後も多様化する顧客ニーズへの的確な対応に努めていきます。
 
(注)「G6アライアンス」は、日本郵船(日本)、商船三井(日本)、APL(シンガポール)、Hapag-Lloyd(ドイツ)、現代商船 (韓国)、OOCL(香港)の6社で構成され、アジア/北欧州航路、アジア/地中海航路およびアジア/北米東岸航路における共同運航を通じ、高品質なサービスを提供しています。
 
 
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。