1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2011年
  4. モジュール船YAMATAI、救援物資を無償輸送①-神戸から飲料水、食料など積み、27日八戸港へ-
 
 

モジュール船YAMATAI、救援物資を無償輸送①-神戸から飲料水、食料など積み、27日八戸港へ-

2011年3月24日


YAMATAIにコンテナを積む様子

  当社は、100%子会社の日之出郵船株式会社が運航するモジュール船「YAMATAI」で、東日本大震災の被災地に向けた救援物資の無償輸送を行います。本船は、3月24日に神戸港で各企業、地方自治体、全日本海員組合、NPOなどから寄せられた救援物資を積み込み、同日午前11時に青森県の八戸港に向け出帆しました。同港には3月27日昼頃に到着する予定で、揚げ荷後、青森県、岩手県、宮城県の各市町村に輸送されます。

  救援物資は「第1回救援物資ホットライン」として(社)日本経済団体連合会と協力して呼びかけた企業32社や、当社が呼びかけた地方自治体、全日本海員組合、NPOなどから寄せられた飲料水、食料品、乳児用品、衛生用品、生活用品などで、20フィート換算で24本分になりました。これは10トントラックにして16台分に相当します。この中には、当社グループが手配した物資も含まれています。


出帆するYAMATAI

  当社は救援活動に資するため「YAMATAI」をヘリコプターの洋上基地として活用することなどを政府に申し入れてきましたが、緊急性に鑑み救援物資の輸送に充てることにしました。この救援物資輸送は要望があれば、今後も続けていく予定です。
 
  また、既に青森県に当社社員3名を派遣しており、現地のニーズにあった救援活動を行うべく実状把握に努めております。
 
  このたびの東日本大震災により被災された地域の皆さまと関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。当社グループでは、モノを運ぶという本業を通して少しでもお役に立てるよう救援活動に取り組んでいきます。                                                     
<本船概要>
全長: 162.00メートル
全幅: 38.00メートル
計画満載喫水: 6.344 メートル
総トン数: 14,538トン
載貨重量トン数: 19,500トン
船籍: パナマ
竣工年: 2010年

                          以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。