• プレスリリース

カタール国営エネルギー会社 QatarEnergy向け LNG船7隻の長期定期傭船契約・造船契約締結

運賃安定型事業のさらなる積み上げとLNGの安定供給に貢献

このたび当社が出資する合弁会社(注1)が、カタール国営エネルギー会社 であるQatarEnergyとの間で液化天然ガス(LNG)運搬船7隻(以下「本船」)の長期定期傭船契約を8月9日に締結、同時に韓国の現代重工業(HYUNDAI HEAVY INDUSTRIES CO., LTD.)と本船の造船契約を締結しました。

QatarEnergyは世界最大級のLNG 生産者であり、本船は世界各国へ向けたLNG 輸送に従事する予定です。

当社は1983 年にLNG 船「越後丸」を就航させて以来、39 年間にわたってLNG輸送事業のノウハウとネットワークを蓄積してきました。本契約は当社がこれまでに培ってきた豊富なLNG船の建造経験や高いレベルの船舶管理品質、安全で最適な運航サービスが高く評価され、締結に至ったものです。また、当社とQatarEnergy には、長期に渡る取引実績があり、本契約はそれに続くものです。

なお本船は、最新のX-DF 2.1 iCERエンジン(注2)ならびにAir Lubrication System(注3)を採用し、温室効果ガス(GHG)の削減に寄与するとともに、幅広い船速域における低燃費運航により環境負荷の低減を実現します。

<本船概要>
積載容量:約174,000 m3
全長:約299.00メートル
型幅:46.40メートル
主機関:X-DF2.1 iCER (ガス焚き低速ディーゼル機関)
造船所:現代重工業(HYUNDAI HEAVY INDUSTRIES CO., LTD.)
竣工予定:2025年から2026年にかけて順次竣工


当社グループは、ESGの経営戦略への統合を更に加速させることを掲げた、「NYKグループ ESGストーリー」(※)を2021年2月3日に発表し、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する活動を進めています。2022年3月24日には、2021年度のESG経営の具体的な取り組みと施策、超長期視点での持続可能な成長戦略を紹介する「NYKグループESGストーリー 2022」(※※)を発表しました。
当社グループはESG経営を力強く推し進めるべく低炭素燃料として将来のゼロエミッション燃料普及までの橋渡しの燃料として期待されているLNGの輸送と安定供給に積極的に取り組み、「Sustainable Solution Provider」として新たな価値創造を推進します。

※NYKグループESGストーリー
当社グループにおいて、ESGを経営戦略に統合するための考え方と具体的な取り組みを明示する指針。詳細は以下プレスリリースよりご覧いただけます。
https://www.nyk.com/esg/esg-story/

※※NYKグループESGストーリー2022
「NYKグループESGストーリー」で掲げたESGの経営戦略への統合に向けた具体的な取り組みと、今年度の施策を紹介した資料。詳細は以下リンクよりご覧いただけます。
https://www.nyk.com/news/2022/20220324_01.html

(注1) 当社、川崎汽船株式会社、MISC Berhad、China LNG Shipping (Holding) Limitedにて共同出資する合弁会社
(注2) 燃費効率に優れたガス焚き低速ディーゼル機関
(注3) 空気潤滑システムのことで、船底に空気を送り込み、船底と海水の間に空気層を形成することで摩擦抵抗を低減させる技術

各社概要

QatarEnergy
本社:カタール ドーハ
President and CEO:Saad Sherida al-Kaabi
ウェブサイト:https://www.qatarenergy.qa/en/Pages/Home.aspx

川崎汽船株式会社
本社:東京都 千代田区
代表取締役社長:明珍 幸一
ウェブサイト:https://www.kline.co.jp/ja/index.html

MISC Berhad
本社:マレーシア クアラルンプール
President/Group CEO:Datuk Yee Yang Chien
ウェブサイト:https://www.misc.com.my/

China LNG Shipping (Holding) Limited
本社:中国 香港
General Manager:Chen Ping
ウェブサイト:https://www.c-lngs.com/en

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。