1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2019年
  4. バイオ燃料での試験航行に成功
 
 

バイオ燃料での試験航行に成功

2019年2月4日

~脱炭素化に向けた環境対応~

 当社が運航するばら積み船「FRONTIER SKY」は1月30日、世界的な鉱業会社BHP Billiton Limitedとバイオ燃料の製造会社GoodFuelsの協力のもと、ロッテルダム港でバイオ燃料を補油し、欧州域内で同燃料を使用した試験航行を実施しました。

 バイオ燃料とは、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料に、発酵、搾油、熱分解などによって作られた燃料です。燃焼時に二酸化炭素を排出するものの、原料作物の成長過程において二酸化炭素を吸収しているため、その排出量はゼロとカウントされ、石油燃料の代替物として世界中で注目されています。さらに、硫黄酸化物の排出が極めて少なく、2020年から強化される船舶燃料油の硫黄分濃度規制にも十分対応することができます。

 今回の補油ではブロックチェーン技術が試験的に用いられました。同技術の活用により、舶用燃料のトレーサビリティー(安全性を確保するため、加工・製造・流通などの過程を明確にすること)の強化や、燃料供給におけるサプライチェーン全体の品質管理向上が期待できます。

 当社グループは、今年度からスタートした中期経営計画で事業戦略にESG(環境・社会・ガバナンス)を取り込み、新たな中長期環境目標(注)を策定しました。その目標達成のため、当社は今後もさまざまなパートナーとともに、バイオ燃料やLNG燃料のような環境に優しい舶用燃料の普及に努めます。

(注)中長期環境目標
「トン・キロメートル当たりの温室効果ガス(GHG)排出量を2015年比で2030年までに30%削減、2050年までに50%削減する」という当社が設定した目標で、科学的根拠に基づく目標としてSBTイニシアチブの認定を取得しています。なお、当社のさまざまなGHG削減への取り組みや情報開示に関しては、非営利団体CDPから気候変動に対する企業対応の世界的なリーダーと認識され、最高評価である「気候変動Aリスト」を獲得しています。

バイオ燃料の補給を受けるFRONTIER SKY




【FRONTIER SKY概要】
全長      : 291.973メートル
全幅      : 45.00 メートル
計画満載喫水  : 18.2235 メートル
総トン数    : 93,182 トン
載貨重量トン数 : 179,288 トン
造船所     : Hyundai Heavy Industries Co., Ltd.

<関連プレスリリース>
2019年1月22日発表:「CDP2018気候変動」で最高評価を獲得
https://www.nyk.com/news/2019/1192454_1686.html
2018年6月13日発表:温室効果ガス排出削減目標がSBT認定を取得
https://www.nyk.com/news/2018/1190805_1685.html
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。