1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. グリーンローンでメタノール燃料船を建造
 
 

グリーンローンでメタノール燃料船を建造

2018年12月27日

―持続可能な成長を支えるグリーンファイナンスを推進―


当社は、太陽生命保険株式会社(以下太陽生命)からメタノール燃料船建造資金を使途とするグリーンローン(資金使途を環境に配慮した事業とする借入)として20億円の借入を行うことについて決定しました。グリーンファイナンスに積極的に取り組み、環境性能に優れた技術の開発・採用を推進します。

1. 背景
 当社は、本年3月に発表した中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”において、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点を事業戦略に取り込み、企業と社会の持続的な発展と成長を目指す戦略を策定しました。
 5月に外航海運会社として世界で初めてグリーンボンド(調達資金の使途を環境改善効果のある事業に限定して発行する債券)の発行を行い、環境負荷が低い液化天然ガス(LNG)の燃料への活用などを進めていますが、さらにファイナンス面から環境性能に優れた技術への投資を支えるために、太陽生命とグリーンローンの契約締結に至りました。

2. グリーンローンの概要

借 入 人 :

当社

借 入 先 :

太陽生命保険株式会社

借 入 額 :

20億円

借入期間 :

2018年12月27日~2028年12月27日(10年間)

資金使途 :

メタノールを燃料とするケミカルタンカー建造資金

評価機関 :

株式会社 日本格付研究所(JCR)

スキーム図


本グリーンローンに対する第三者評価として、株式会社日本格付研究所(JCR)から「グリーンローン原則」(注)への適合性について最上位評価である「Green1」の評価を取得しています。

 本グリーンローンによる調達資金は全額、当社初のメタノールを燃料とする新造メタノール専用船の建造費に充当します。メタノールを主燃料とする本船の主機関は、硫黄酸化物(SOx)排出量を重油使用時と比べて約99%削減でき、適合油(低硫黄燃料油)使用時と比べても発電機を含めた船舶全体で約75%のSOx排出量削減が達成できます。2020 年から始まる国際海事機関(IMO)が定めた燃料油中の硫黄分濃度規制を十分に満たすとともに、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)などの排出量も低いため、より環境に配慮した運航が可能になります。

 本船の環境改善効果詳細についてはグリーンローン評価レポートをご参照下さい。
 https://www.nyk.com/news/2018/__icsFiles/afieldfile/2018/12/27/report.pdf

<本船概要>
載貨重量トン数:約49,000トン
全長:約183メートル
全幅:32.2メートル
造船所:現代尾浦造船(韓国)
竣工予定日:2019年

3. 今後の展開
 当社はグリーンファイナンスを推進し、環境投資への取り組みを幅広いステークホルダーの皆さまに発信するとともに、環境負荷の低減を可能とする技術をもって持続可能な地球社会の実現に貢献します。

(注)グリーンローン原則
2018年3月に、ローンマーケット協会とアジア太平洋地域ローンマーケット協会が共同策定した国際的なガイドライン。

<関連プレスリリース>

2018年2月15日発表:メタノールを燃料とするケミカルタンカーの長期傭船契約を締結
https://www.nyk.com/news/2018/1190016_1685.html
2018年4月17日発表:グリーンボンド(第40回無担保社債)発行に関するお知らせ
https://www.nyk.com/news/2018/1190456_1685.html
2018年5月8日発表:グリーンボンド(第40回無担保社債)発行に関するお知らせ(2)
https://www.nyk.com/news/2018/1190555_1685.html
2018年5月18日発表:グリーンボンド発行に関するお知らせ(3)
https://www.nyk.com/news/2018/1190609_1685.html

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。