1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 三菱商事とLNG船3隻の長期定期用船契約を締結
 
 

三菱商事とLNG船3隻の長期定期用船契約を締結

2018年12月11日

―米キャメロンとカナダのプロジェクト向けに投入―

 当社は、三菱商事株式会社(以下三菱商事)の子会社 Diamond Gas International Pte. Ltd.(注1)と新造液化天然ガス(LNG)運搬船3隻の長期定期用船契約を締結しました。三菱商事とのLNG船の長期定期用船契約は、これまでに締結したキャメロンLNGプロジェクト向けの3隻をあわせ、合計6隻となります。

 新たに締結した3隻は当社の船舶管理のもと、1隻は2020年に竣工後約18年間、米国ルイジアナ州で当社と三菱商事が共同参画するキャメロンLNGプロジェクトなどのLNG輸送に、残る2隻は2021年に竣工後約17年間、加国ブリティッシュ・コロンビア州で三菱商事が参画するLNGカナダプロジェクトなどのLNG輸送に投入される予定です。

 本船には燃料油とボイルオフガス(航行中にカーゴタンク内で気化したLNG)を利用する二元燃料低速ディーゼル機関「X-DFエンジン」(注2)や余剰ボイルオフガスを有効に利用する再液化装置を搭載します。カーゴタンクは容量174,000立方メートルのメンブレン型で、優れた防熱性能をもつタンク方式(注3)を採用することで効率的で経済的な運航を実現します。

 当社は、中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green”で策定した事業戦略に基づき、長期契約などの運賃安定型事業を積み上げるとともに、今後も環境に優しいLNGの安定供給に貢献します。

(注1)Diamond Gas International Pte. Ltd.
シンガポールに本社を置く三菱商事の100%子会社。

(注2)X-DFエンジン
WinGD社の燃料消費効率に優れた低速ディーゼルエンジン。

(注3)GTT Mark III Flex cargo containment systemと呼ばれるGazTransport & Technigaz(GTT)社が開発した、ボイルオフ率を低く抑えることが可能な防熱材を備えるタンク方式。

<LNG船の概要>
(1)積載容量:約174,000立方メートル
(2)全長:約297メートル
(3)全幅:約46.4メートル
(4)主機関:X-DFエンジン
(5)航海速力:19.5ノット
(6)建造造船所:現代三湖重工業
(7)竣工予定:2020年および2021年


完成予想CG

<関連プレスリリース>
2018年7月9日発表:三菱商事向けの新造LNG船を「Diamond Gas Rose」と命名
https://www.nyk.com/news/2018/1191003_1685.html
2018年4月18日発表:三菱商事向けの新造LNG船を「Diamond Gas Orchid」と命名
https://www.nyk.com/news/2018/1190461_1685.html
2016年12月22日発表:米国キャメロンLNG プロジェクトの新造LNG船を共同保有
https://www.nyk.com/release/4207/004561.html
2014年8月7日発表:「キャメロンLNGプロジェクト」最終投資に合意
http://www.nyk.com/release/3131/003406.html
2013年5月17日発表:米国キャメロンLNGプロジェクトに関して合弁事業会社を設立
http://www.nyk.com/release/2447/002623.html

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。