1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 「MT-FAST」が地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞
 
 

「MT-FAST」が地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞

2018年12月3日

日本郵船株式会社
株式会社MTI
常石造船株式会社


-累計134万トンのCO₂排出削減を達成-

 日本郵船グループの株式会社MTI(以下MTI)と常石造船株式会社(以下常石造船)が共同開発した船舶用の省エネ付加物装置「MT-FAST」が、「平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策技術先進導入部門)」(注)を受賞しました。12月3日に表彰式が開催され、日本郵船株式会社専務経営委員の丸山英聡、MTI代表取締役社長の田中康夫、常石造船からは代表取締役社長の河野健二が出席しました。

 「MT-FAST」は、プロペラ前方に取り付けた複数のフィンが、プロペラの回転から生まれる旋回流による損失エネルギーを回収して3~5%と高い燃節効果を生み出す船舶用の省エネ付加物装置です。新しく建造する船舶だけでなく既に就航している船舶に対しても後付け搭載が可能で、2008年の開発以降、ばら積み貨物船、タンカー、コンテナ船を対象に500隻以上に搭載されています。約10年の累計で134万トンもの二酸化炭素(CO₂)排出削減を達成したことが高く評価され、今回の受賞に至りました。



写真左から、MTI社長 田中康夫、環境省 原田義昭大臣、当社専務 丸山英聡、 常石造船 河野健二社長

 3社は引き続き本省エネ装置搭載の推進や、新たな環境負荷の低減につながる技術開発により、海事業界全体で環境課題解決に取り組みます。

(注)地球温暖化防止活動環境大臣表彰
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/min_award/index.html


環境省が平成10年度から地球温暖化対策推進の一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人または団体の功績をたたえる表彰。日本郵船グループでは、2012年に空気潤滑システムの開発・運用、2015年にビッグデータ活用による安全・省エネ運航で同表彰し、今回で3度目の受賞となる。

<「MT-FAST」に関するプレスリリース>

2018年8月1日発表:
省エネ装置「MT-FAST」が搭載500隻を突破
―プロペラの推進効率向上で、約4%の燃料節減を実現―
https://www.nyk.com/news/2018/1191167_1685.html


2008年2月13日発表:燃料節減効果の高い省エネ装置"MT-FAST"を開発
当社建造中チップ船に搭載し、6月に運用を開始
https://www.nyk.com/news/2008/0213_01.htm


<過去の受賞に関するプレスリリース>
2015年12月4日発表:
「SIMS」が平成27年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞
-ビッグデータ活用による安全・省エネ運航に高い評価-
https://www.nyk.com/release/3560/004188.html


2012年12月12日発表:
平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞
-「泡」で省エネ「空気潤滑システム」の開発・運用で-
https://www.nyk.com/release/1960/002420.html


<株式会社MTI>
本社:東京都千代田区
代表取締役社長:田中康夫
株主:日本郵船株式会社100%
ウェブサイト:https://www.monohakobi.com/ja/


<常石造船株式会社>
本社:広島県福山市
代表取締役社長:河野健二
ウェブサイト: http://www.tsuneishi.co.jp/

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。