1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 船舶管理業務の共通プラットフォーム「NiBiKi」始動
 
 

船舶管理業務の共通プラットフォーム「NiBiKi」始動

2018年12月3日

―業務負荷軽減とビッグデータ活用―

 当社グループは、船舶管理業務の共通プラットフォームである「NiBiKi(ニビキ)」システムを開発し、本日運用を開始しました。船員の業務負荷を軽減し運航業務により集中できる環境を整え、本船から報告された情報を当社および船舶管理会社5社(注)とその管理船約260隻の間でデータとして共有し、さらなる安全運航を目指して活用します。

1.背景
 船員は安全管理マニュアル(SMSマニュアル)に基づき、安全管理に関する事項の報告を船舶管理会社に対して毎日行う必要があります。従来、船員がさまざまな報告書や申請書を作成し、船舶管理会社に対して電子メールで承認依頼を行い、承認された書類を監査などで提示するために印刷し保管するという業務フローであったため、非効率な面がありました。また運航各船から報告された情報は、各船、各管理会社それぞれで独自に管理され、有効活用されていませんでした。
 そこで、船員の業務負荷の軽減、当社および各管理会社間のデータ共有とその活用を目指し、本システムの開発に至りました。

2.「NiBiKi」システムの概要
 安全管理マニュアルの書式や申請・承認ワークフローを電子システム化した共通プラットフォームです。船員は、ガイドに従い所定のフォームに入力するだけで正しい手順で報告や承認依頼を行うことができ、それらの情報が自動で記録・共有される仕組みにより、短時間で正確な報告業務の遂行が可能となります。
 さらに「NiBiKi」システムを通して報告された情報を運航会社・船舶管理会社が共有し、ビッグデータとして蓄積することで各種データを組み合わせた質の高いデータ解析が期待できます。

3.今後の取り組み

 ビッグデータを活用しさらなる安全運航を目指すとともに、船員の教育や訓練なども組み込んだ包括的なシステムの構築を計画しています。また機器故障や人身事故発生等の傾向を掴み、船舶管理会社と一丸となって運航船遅延時間(ダウンタイム)ゼロを目指します。

 当社は今年3月に策定した中期経営計画“Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green” で持続的な成長を遂げるための戦略を示しました。当社グループがこれまで培ってきた経験と蓄積したデータを活用し、新たな価値創造を目指します。

(注)当社グループの船舶管理会社(カッコ内は所在地)
NYK SHIPMANAGEMENT PTE LTD(シンガポール)
NYK LNG シップマネージメント株式会社(東京)
NYK LNG SHIPMANAGEMENT (UK) LTD(ロンドン)
NiMiC SHIPMANAGEMENT CO., LTD(台北)
八馬汽船株式会社(神戸)

<申請・承認ワークフローの比較>



<「NiBiKi」システムを通じたビッグデータ解析のイメージ>





運用開始のテープカット式の様子
中央 当社専務経営委員 丸山英聡
左 当社常務経営委員 小山智之


当社役員と船舶管理会社の関係者

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。