1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 当社フィリピン商船大第8期生171人が卒業
 
 

当社フィリピン商船大第8期生171人が卒業

2018年11月19日

―学びを糧に、限りない可能性を信じて新しい季節へ踏み出そう―


当社がフィリピンのトランスナショナル・ダイバーシファイド・グループ(以下TDG、注)と共同運営する商船大学NYK-TDG MARITIME ACADEMY (以下NTMA)の卒業式典が11月16日、マニラ近郊の同校で行われました。

 式典には、同国関税局のレイ レオナルド B. ゲレロ(Rey Leonardo B. Guerrero)局長を初め多数の来賓を迎え、当社代表取締役社長の内藤忠顕、TDGのJ.ロベルトC.デルガド(J. Roberto C. Delgado)会長らが出席し、2014年に入学した第8期生171人の卒業を祝いました。

 社長の内藤は祝辞の中で「卒業生諸君が4年前に思い描いた夢を収穫する季節が訪れました。在学中、幾度もの季節を重ね、次に何が起こるか予想し備える力をつけてきたことと思います。海運業界は依然厳しい環境下にあり、我々は常に先を読み、適切なアプローチを見極め、行動に移さなければなりません。ここで得た学び、教訓や経験は確実に深く強い根となり、諸君の足元を固めてくれていることを意識し、人生の新たな季節へと踏み出してください」と、卒業生に激励の言葉を贈りました。

 卒業生代表のカート クライトン B. コンデス(Kurt Crichton B. Condez)は「たくさんの人々に支えられ、同級生と切磋琢磨し、今日この日を迎えられました。船出の準備はもう出来ています。NTMAで学んだことを糧に今日のこの気持ちを忘れずに、家族のため、夢のため、国のために頑張ります」と決意を語りました。

卒業生の喜びの様子

写真左から
NTMA理事長 マリア ニエヴェス コンフェソール
関税局 レイ レオナルド B. ゲレロ局長
最優秀卒業生カート クライトン B. コンデスとその家族
当社代表取締役社長 内藤忠顕
TDG会長 J.ロベルトC.デルガド
 
集合写真


 
 NTMAは、より質の高いNYK Qualityの船員の育成を目指して、日本の海運他社に先駆け2007年に開校し、今年で創立11周年を迎えました。開校当初から、独自の奨学金制度を設け、大学への進学が困難な家庭環境の学生に対しても就学の道を開いています。また、卒業後のフィリピンの海技国家試験合格率が100%であることに加え、2011年8月に我が国の国土交通省が創設した機関承認制度で、海外における日本初の船員教育機関校として認定を受けるなど、商船学校として高い評価を得ています。2011年9月卒業の第1期生から今回の第8期生までの累計卒業者数は999名に達し、第7期生までの卒業生の多くが当社グループ運航船で航海士または機関士として活躍しています。

 当社グループはこれまで培ってきた船員育成の経験を活かし、将来の安全運航を担う幹部候補を育成すべく、今後もフィリピン人船員の「質」と「量」の充実を図っていきます。

【NYK-TDG MARITIME ACADEMY概要】
開校日:2007年6月3日
規模:学生(募集定員数)航海科  60名 / 機関科 60名 1学年計 120名程度
職員 約70名
場所:マニラ近郊カランバ市カンルーバン(マニラ市内から車で約1時間)
システム:3年間の講習と1年間の乗船実習の4年制
理念:学生個々の人格形成と実践的な海事技術の習得を中心にした世界に通用する船員の高等教育を行う。

(注)トランスナショナル・ダイバーシファイド・グループ
1976年に現会長のデルガド氏により設立された企業グループで、船舶代理店業と船員供給・教育事業に加えて、航空事業や物流事業を行う。当社とは、設立当時から協力関係にある。
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。