1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 北海道電力向け石炭専用船の船名を「ぴりかもしり丸」に決定
 
 

北海道電力向け石炭専用船の船名を「ぴりかもしり丸」に決定

2018年7月31日

―アイヌ語で「美しい大地」―

 当社が北海道電力株式会社(以下北海道電力)の石炭輸送用に保有・運航する予定の新造船がアイヌ語を用いた船名「ぴりかもしり丸」に決定しました。

 「ぴりかもしり丸」は、これまで15年以上にわたり北海道電力向けの石炭を輸送してきた当社の「新札幌丸」の後継船です。北の大地の歴史や文化を築いてこられた先人に敬意を表し、アイヌ語の「ぴりか(美しい)」と「もしり(大地)」を用いて名付けられました。

 同船は、2019年1月に株式会社大島造船所で竣工後、オーストラリアをはじめ、世界各国からの北海道電力最大の火力発電所・苫東厚真発電所への石炭輸送に従事します。

 当社グループは、中期経営計画〝Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green” で掲げた事業戦略に基づき、企業・社会の持続的な価値創造を目指し、今後も安定的かつ経済的な資源輸送に努めます。

<本船概要>
(1)全長:約235.00メートル
(2)全幅:約43.00メートル
(3)型深さ:約18.40 メートル
(4)載貨重量トン:約88,886トン(注)
(5)造船所:大島造船所
(6)船籍:日本
(7)竣工予定日:2019年1月

(注)本船が入港する苫小牧東港に入港可能な喫水(船が水に浮いている時の水面から 船体最下部までの距離)に合わせた数値。

「新札幌丸」

以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。