1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 特大パネル展示で、過去から未来へ安全文化を継承
 
 

特大パネル展示で、過去から未来へ安全文化を継承

2018年7月2日

―進化の姿勢を真価にかえて―

 当社は7月2日からスタートする安全キャンペーン「Remember Naka-no Se」の期間中、東京都千代田区の本店15階にある共有スペースで、安全意識向上のための特大パネル展示を行います。「ダイヤモンドグレース」の原油流出事故から丸21年が経過した本年、その事故の詳細を改めて開示し、社員一人ひとりに安全の真価を問いかけ、これからの世代へ安全文化の継承を図ります。



<「Remember Naka-no Se」とは>
1997年7月2日に発生した原油タンカー「ダイヤモンドグレース」の東京湾中ノ瀬原油流出事故を教訓として、毎年7月1日から2カ月間、安全運航の重要性をすべての社員が再確認する安全キャンペーンです。期間中、経営トップをはじめ関係する社員が運航船に足を運び、安全運航について相互理解を深めます。

<パネルの概要>
 会社存続の危機に直面した「ダイヤモンドグレース」の中ノ瀬原油流出事故経緯・対応や、社史に刻まれている歴史的な瞬間についてのパネルを制作しました。
 これは単に過去に発生した事故について紹介するパネル展示ではなく、当社の安全文化の精神を社員に根づかせ、当社のこれからをつくっていくための取り組みです。当社が長い歴史の中で近代日本の発展を支えてきたという自覚を社員一人ひとりに促し、その上で重大事故に向き合うことで「安全」の価値を考えてほしい、というメッセージが込められています。

 お客さまの貨物を安全かつ確実にお届けすることは、当社グループにおける最大の使命です。今後も地道な取り組みにより、船陸一丸で安全運航の徹底に努めます。

<本店15階にある共有スペース>



<展示パネルの一部>

  
<見取り図>



<2018年「Remember Naka-no Se」のスケジュール>
7月2日 海事関係者と過去を振り返る安全シンポジウム
7月3日 船主・船舶管理会社を対象とした安全推進活動のコンペティション
7月4日、9日 船主と船舶管理会社向けの安全推進会議
8月1日 重大事故対応訓練
8月23日 船長・機関長による安全運航に関する懇談会

<参考リンク>
動画リンク:「安全文化の醸成」編8分43秒(ステークホルダーの皆さま向け)
http://www.nykwebcasting.com/profile/video/09_jpn.htm
当社の安全活動の取り組み
http://www.nyk.com/csr/safety/index.html
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。