社員向けにパラスポーツイベントを開催|日本郵船
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 社員向けにパラスポーツイベントを開催
 
 

社員向けにパラスポーツイベントを開催

2018年6月8日

 
ビームライフル体験会
―共生社会の実現を目指して―

 当社は、当社社員である射撃パラリンピアン田口亜希の企画による「ビームライフル体験会」、当社アドバイザーで国際パラリンピック委員会理事および日本パラリンピック委員会委員長を務める山脇康による「パラリンピックトークイベント」を社内で実施しました。

背景
 当社は、地球社会とともに生きる「よき企業市民」として、社員のさまざまなボランティア活動を後押ししています。パラスポーツに関しては、競技を「知る」「観る」ことが社会貢献の一歩ととらえ、そのような機会の提供を積極的に行っています。2015年には車椅子テニス・ウィンブルドン大会のテレビ観戦会、2016年には一般社団法人日本ボッチャ協会による体験会、日本ブラインドサッカー協会による体験型研修など、社員にパラスポーツの魅力を伝えるイベントを実施しました。


 
   パラリンピックトークイベント

イベント概要
・ビームライフル体験会:3月15日開催。東京都ライフル射撃協会の協力のもと実際の競技環境を再現し、グループ社員25名が参加しました。田口亜希がビームライフルの扱い方からコツ、また、パラスポーツならではの「公平性を保つための障害の程度に応じたクラス分け」について説明を行いました。

 ・パラリンピックトークイベント:4月25日開催。山脇康が、平昌パラリンピックの観戦体験についてグループ社員約40名に対して、現地で撮影した写真や動画を交えながら、各競技のルールや見どころも含めて紹介しました。

今後の取り組み
 当社は、今後も社員がパラスポーツへの関心と理解を深める取り組みを継続するとともに、パラスポーツのさらなる普及・発展への支援を通して、障害の有無にかかわらず、だれもが生きやすい共生社会の実現を目指します。
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。