1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. 海運・物流業界では最高得点で唯一、先進企業に2部門同時選定
    -CDP 2012 ジャパン500-
 
 

海運・物流業界では最高得点で唯一、先進企業に2部門同時選定
-CDP 2012 ジャパン500-

2012年11月1日


選定報告会の様子

 当社は、世界の機関投資家を代表して企業の気候変動に対する取り組み調査する「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト」(以下CDP)(注1)による2012年の調査で、その取り組みが高く評価され、日本企業500社の中の気候変動情報開示先進企業を評価するカーボン・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)(注2)に、また気候変動パフォーマンス先進企業を評価するカーボン・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス(CPLI)(注2)に海運・物流業界としては最高得点で唯一、同時に選定されました。

CDPは世界の655の機関投資家を代表するNPO団体であり、日本では大手企業500社(ジャパン500)に気候変動情報に関する質問書を送付し、その回答結果を分析・公表しています。
https://www.cdproject.net/CDPResults/CDP-Japan-500-Climate-Change-Report-2012-JP.pdf


当社環境グループ環境マネジメントチーム チーム長 山口桂

 当社は約800隻の運航船(傭船を含む)をはじめ、グループ全体での環境負荷データの把握・開示を進めるとともに環境負荷低減の体制を強化しています。さらに今年はこれらの温室効果ガス排出のデータ(GHGプロトコルのスコープ1、2、3)について、正確な数値を開示しているとの第三者機関による保証書を取得しました(注3)

今後も当社は環境リスクを管理し、環境と経済のベストバランスを目指しながら、地球環境と持続可能な社会に貢献します。
 
(注1)CDP (Carbon Disclosure Project)
 カーボン•ディスクロージャー•プロジェクト(CDP)は、企業や都市の重要な環境情報を測定・開示・管理・共有するための唯一のグローバルシステムを提供している国際非営利団体(NPO)です。 CDPは、GHG排出量、気候変動および水についてのリスクと機会の評価に関する企業からの情報を収集するために、78兆米ドルの合計運用資産を有する655の機関投資家を代表して活動しています。
 
(注2)CDLI(Carbon Disclosure Leadership Index)、CPLI(Carbon Performance Leadership Index
 CDLIは、対象会社のうち、上位10パーセント以内のスコアを獲得することが条件とされ、今年は22社が選定。また、CPLIは実際に気候変動・温暖化対策において優れた実績を挙げ、基準点以上のスコアを獲得し極めて厳しい基準をクリアした5社が選定された。
 
(注3)当社の温室効果ガス排出データの第三者保証書について
https://www.nyk.com/release/1960/NE_120720.html
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。