1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. 当社コンテナ船、米オークランド港で陸から電源供給
    -邦船社初の本格受電、“NYK APOLLO”-
 
 

当社コンテナ船、米オークランド港で陸から電源供給
-邦船社初の本格受電、“NYK APOLLO”-

2012年10月31日


Oakland港にて陸電供給中のNYK APOLLO

 陸上からの電力受電装置(AMP:Alternated Maritime Power)(注)を搭載した当社コンテナ船“NYK APOLLO”が現地時間10月22日、米カリフォルニア州オークランド港のコンテナターミナル(Oakland International Container Terminal)に寄港の際、陸上からの本格的な電源供給を受け、これに成功しました。邦船社として同港で陸上から本格受電したのは初めてとなります。 

高電圧の6.6キロボルト仕様の受電装置を搭載した“NYK APOLLO”は、22日早朝に入港し、22日深夜まで受電テストを含め連続して陸上から電源供給を受けました。
船舶の発電機を使わずに陸上の電源を利用してオペレーションを行うことは、CO2などの大気汚染物質の排出を大幅に削減することができます。
 
当社運航コンテナ船で陸上からの電源供給が可能な本船は多数ありますが、オークランド港にて高電圧の受電を行ったのは“NYK APOLLO”が第一船となります。今後も、当社コンテナ船隊の受電装置改造工事を進め、順次、同港停泊時の陸電供給によるオペレーションを拡大していきます。
 
NYK Line(North America)社ビル・ペイン(Bill Payne)社長は、今回の成功の報を受け、「当社は引き続き、技術とオペレーション能力の向上を通じ、二酸化炭素排出量を削減することで環境責任を果たすべく努力してまいります。今回オークランドにてディーゼル燃料使用から陸上電源使用へ切り替えられたことを誇りに思います。」と述べました。
 
引き続き、当社は環境に優しい最新技術の開発導入を積極的に進めてまいります。
 
(注)電力受電装置(AMP:Alternated Maritime Power)
陸上の施設から電力を受け取る為の装置で、接岸・荷役中のコンテナ船の必要電力を陸上から供給することにより、相対的に発電効率の低い船内発電機の使用を抑えて、CO2(二酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)、SOx(硫黄酸化物)、PM(排気微粒子)などの大気汚染物質の放出量を低下させるものです。
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。