1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. 当社フィリピン商船大、優秀校として表彰
    -統一試験受験校中唯一の全員合格-
 
 

当社フィリピン商船大、優秀校として表彰
-統一試験受験校中唯一の全員合格-

2012年10月4日


写真左から:
 日比船員配乗代理店協会 エリクソン M. マルケス
 (Ericson M. Marquez)ダイレクター、
 ウィルソン・トラヴィナ(Wilson P. Travinia) NTMA校長、
 NTMA当社代表 山田省吾、
 日比船員配乗代理店協会 エドゥアルド・マネサ
(Eduardo U. Manese)会長

 当社がフィリピンで運営に参画している商船大学NYK-TDG MARITIME ACADEMY(以下NTMA)は9月26日、フィリピン海事大学統一試験Maritime School Assessment Program(以下MSAP)において優秀な成績を修めたとして、主催者である日比船員配乗代理店協会(Philippine-Japan Manning Consultative Council, Inc.=以下 PJMCC)から表彰を受けました。

MSAPにおける評価基準は、過去に2年連続で学生の75%以上が試験に参加し、平均以上の合格率を得た学校であるカテゴリーA と、過去において成績が上位10位内に入った学生を輩出した学校である カテゴリーB の2種類あり、今回NTMAは両方のカテゴリーで優秀校として選出されました。
 
2012年のMSAPは、海事大学2年生を対象に全国81校から約19,000人が受験し、全体の合格率は32%でしたが、NTMAから受験した第4期生110人は、受験校中唯一の全員合格を果たしました。また、成績上位者についても、航海科は上位30人のうち29人、機関科は上位30人全てをNTMAの学生で占める結果となりました。
 
MSAPでの成績は、海技免状取得の合格率と同様に、フィリピン国内における海事学校の競争力を示す指標であり、そこで優秀な成績を修めることは、将来の当社船員の中核となる幹部候補として、重要な要素となります。 
 
当社は今後も、優秀なフィリピン人船員を育成し、質の高い海上輸送を提供する差別化戦略を推し進めていく所存です。                                                                                                                                                                                            
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。