1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. 豪ウィートストーンLNGプロジェクトに共同参画
    ―官民一体でエネルギー資源の安定確保へ―
 
 

豪ウィートストーンLNGプロジェクトに共同参画
―官民一体でエネルギー資源の安定確保へ―

2012年6月18日

 当社は、米シェブロン社(Chevron Corporation)などがオーストラリアで推進するウィートストーンLNGプロジェクト(以下、「本プロジェクト」)に三菱商事株式会社及び東京電力株式会社と共同で参画することとなりましたので、お知らせ致します。

 今回の参画は、新たに設立されたPE Wheatstone社(本社:オーストラリア西豪州パース市、以下「PEW社」)を通じて本プロジェクトの事業権益(ガス田鉱区開発権益:10%、LNGプラント事業権益:8%)と本プロジェクトで生産される液化天然ガス(LNG)の一部を取得するものです。

 本プロジェクトは、シェブロン社が操業を担うLNGプロジェクトであり、2016年末のLNG生産開始を目指して、現在建設作業が進行中です。本プロジェクトからは、年間890万トンのLNGが供給される予定ですが、既に東京電力は2009年12月に、シェブロン社との間で年間約310万トンのLNG調達と本プロジェクトに事業パートナーとして参画することについて基本合意しておりました。

 しかし、昨年3月の東日本大震災を受け、本プロジェクトに対し単独で参画することが困難となった東京電力より本邦向けエネルギー資源の安定確保の重要性に鑑み、LNG船共同保有や運航事業等を通して東京電力と長期のパートナーシップを確立している当社と三菱商事に対し、東京電力の資金制約を勘案しつつ、共同で参画することについて提案がなされました。当社は、詳細に技術・法務・財務などについて評価を実施した結果、本プロジェクトに参画することを決定致しました。

 また、当社、三菱商事、東京電力は、本プロジェクトへの参画が本邦へのエネルギー安定供給にも資すると考え、官民が協力して貴重なエネルギー資源を獲得するために、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)に対して支援制度の適用を申請し、審査の結果、出資1と債務保証2の対象事業として採択されるに至りました。さらに、民間銀行および国際協力銀行(JBIC)からも資金供与を受けることで現在協議中です。
 
 なお、今回の参画により、権益比率に相当するPEW社の持分である年間約70万トンのLNGは東京電力向けに供給されることになります。これにより、2011年7月に東京電力がシェブロン社などと契約締結済みの年間約310万トンのLNGと本日付で東京電力が発表したシェブロン社から直接購入する追加数量(年間約40万トン)も含め、本プロジェクトから合計で年間約420万トンのLNGが東京電力向けに供給される見通しです。
 
 クリーンなエネルギー資源である天然ガスの需要は世界的に伸び続けており、諸外国との資源獲得競争がますます激化する状況下、本邦のエネルギー関連企業やエネルギー供給に携わる企業が、政府系機関の資金供与を受けながら、官民一体となってエネルギー資源の確保に乗り出すことは極めて大きな意義を持つと考えております。
 
 本プロジェクトは、2011年9月に最終投資決定が下されており、且つ、地政学的優位性を持つオーストラリアにおいて経験豊富なシェブロン社がオペレーターを務める新規LNG事業であることからも、プロジェクトの完工リスクや操業リスクが低く、本邦のLNG安定調達において重要な供給源となるものです。当社は、本プロジェクトへの参画を通じ、三菱商事及び東京電力と共に、長年にわたって培った各社の上流から下流(天然ガス開発・生産事業、天然ガス液化事業、LNG輸送事業、LNG受入事業)にわたるLNGバリューチェーンにおけるノウハウと経験を互いに活かすことで信頼性の高いLNG供給体制を構築し、本邦向けのエネルギー資源の長期安定確保に貢献します。
 
 
1 JOGMEC、三菱商事、当社、東京電力は、PEW社の親会社であるパンパシフィックエネルギー株式会社(PE社)に対して出資を行う。
 
2 PEW社が資金供与を受けることで現在協議中の民間銀行に対し、JOGMECの債務保証を100%提供頂く予定。

 

 

 1. スキーム図

 

Scheme

2. 豪州ウィートストーンLNGプロジェクトの位置

 

3. ウィートストーンLNGプロジェクトの概要
 

LNGプラント事業者
シェブロン72.136%、アパッチ13%、クフペック7%、シェル6.4%、九州電力1.464%
※PEW社はシェブロン持分より8%を取得する予定
ガス田鉱区開発事業者
ウィートストーン・イアゴガス田
         
 
シェブロン90.17%、シェル8.00%、九州電力1.83%
※PEW社はシェブロン持分より10%を取得する予定
ジュリマー・ブルネロガス田
アパッチ65%、クフペック35%
生産開始予定
2016年末
生産量
年間890万トン
LNGプラント予定地
オーストラリア西豪州アシュバートンノース

 
 
4. 各社の概要
<PE社>

会社名
パンパシフィックエネルギー株式会社
本社所在地
東京都千代田区
設立年月
2012年5月22日
代表者
大塚英俊
出資比率
JOGMEC 42.08%、三菱商事 39.70%、当社 10.20%、東京電力 8.02%

 
<PEW社>

会社名
PE Wheatstone Pty. Ltd.
本社所在地
オーストラリア西豪州パース市
設立年月
2012年6月15日
代表者
小泉俊彰
出資比率
PE社 99.90%、東京電力 0.10%

 
<シェブロン社>

会社名
Chevron Australia Pty Ltd
Chevron (TAPL) Pty Ltd
概要
エクソンモービル、シェル、BPと並ぶ国際石油資本の1つであるシェブロン(Chevron Corporation、1879年設立、本社米国カリフォルニア州サンラモン)の豪州子会社
本社所在地
オーストラリア西豪州パース市
設立年月
Chevron Australia Pty Ltd (2005年設立)
Chevron (TAPL) Pty Ltd (1998年設立)

 
<アパッチ社>

会社名
Apache Julimar Pty Ltd
概要
米国独立系エネルギー会社のアパッチ(Apache Corporation、1954年設立、本社 米国テキサス州ヒューストン)の豪州子会社
本社所在地
オーストラリア西豪州パース市
設立年
2008年

 
<クフペック社>

会社名
KUFPEC Australia (Julimar) Pty Ltd
概要
クウェート国営石油会社(Kuwait Petroleum Corporation、1980年クウェート国設立、本社 クウェート国クウェート市)の海外投資子会社(KUFPEC、1981年設立、本社 英国ロンドン)の豪州子会社
本社所在地
オーストラリア西豪州パース市
設立年
2009年

 
<シェル社>

会社名
Shell Development (Australia) Pty Ltd
概要
エクソンモービル、シェブロン、BPとならぶ国際石油資本の1つであるロイヤル・ダッチ・シェル(Royal Dutch Shell plc、1907年設立、本社 オランダ国ハーグ市)の豪州子会社(Shell Australia Limited)の豪州投資子会社
本社所在地
オーストラリア ビクトリア州メルボルン市

 

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。