1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. ベルギー皇太子一行が当社を訪問
 
 

ベルギー皇太子一行が当社を訪問

2012年6月14日


写真左から
1番目: 当社相談役 草刈隆郎、
2番目: 当社代表取締役社長 工藤泰三、
5番目: ベルギー王国レインデルス副首相、
6番目: ベルギー王国フィリップ皇太子殿下、
7番目: 当社代表取締役会長 宮原耕治

  ベルギー王国のフィリップ皇太子殿下(H.R.H. Prince Philippe)とレインデルス(Didier Reynders)副首相ら約30人の経済使節団が6月12日、当社を訪問しました。会談には当社側から代表取締役会長・宮原耕治、代表取締役社長・工藤泰三、相談役・草刈隆郎(日本・ベルギー協会およびベルギー・ルクセンブルク市場協議会会長)、郵船ロジスティクス株式会社代表取締役会長・矢野俊一、日本貨物航空株式会社代表取締役社長・大槻哲史が出席しました。  

会談の席上、当社社長の工藤は「ベルギー政府からの日本郵船グループ事業に対する支援に心から感謝します。当社グループはベルギーの欧州大陸における物流ハブ機能を高く評価しており、既に展開している自動車ターミナルやバルク海運・物流事業の戦略的な強化に努めたいと思います」と述べました。フィリップ皇太子殿下からは「日本郵船グループのベルギー経済や雇用への貢献は日本とベルギーの関係強化に有益と考える」とのお言葉を頂きました。
 
当社グループは、ベルギー王国と日本、さらには欧州と世界を結ぶ架け橋として、お客さまの多様な物流ニーズに応えるためより一層努力してまいります。
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。