1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. G6アライアンス、アジア/北欧州の6ループ運航継続
      (Loop2開始見合わせ)を決定
 
 

G6アライアンス、アジア/北欧州の6ループ運航継続
  (Loop2開始見合わせ)を決定

2012年5月2日

 

当社の所属する定期コンテナ船共同運航組織「G6アライアンス」は、今年2月8日付プレスリリース(※)にて検討中とご案内しました北中国サービス(Loop2)の開始を見合わせ、アジア/北欧州航路の6つのループの運航継続を決定しました。
 
「G6アライアンス」は、グランドアライアンスに所属する日本郵船(日本)、Hapag-Lloyd(ドイツ)、OOCL(香港)と、ザ・ニューワールドアライアンスに所属する商船三井(日本)、APL(シンガポール)、現代商船 (韓国)との6社で構成され、アジア/北欧州航路の6ループ、 及びアジア/地中海航路の2ループにおける共同運航を通じ、計8ループで25カ国・40港以上をカバーする高品質なサービスを提供しております。
 
当社は、今後も顧客ニーズへの的確な対応に努めてまいります。
 
(※)2012年2月8日発表「G6アライアンス、3月から欧州航路協調を開始」
https://www.nyk.com/release/1960/NE_120208.html
 
                                      以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。