1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. 究極の最適経済運航へ“IBISプロジェクト”が本格稼動
    ―ロゴマーク決定、情報共有に専用ポータルサイト開発―
 
 

究極の最適経済運航へ“IBISプロジェクト”が本格稼動
―ロゴマーク決定、情報共有に専用ポータルサイト開発―

2012年4月24日

 当社は今年度からコンテナ船で実施している最適経済運航のためのIBIS(Innovative Bunker & Idle-time Saving)プロジェクト”のロゴマークを決定しました。 

IBISロゴのコンセプト】
 
 プロジェクト名にもなっているIbis(コウノトリ)が青い地球を運んでいる様子から、燃料や二酸化炭素(CO2)を削減することによって青い地球を守ろうという思いを込めてデザインしました。背景の二色の輪は、NYKブルーと二引きの赤で無限大(∞)を表現し、燃料節減活動、CO2削減活動は無限に続く取り組みであること、そして青い地球を永久に残すことを重ねてイメージしたものです。
 
IBISプロジェクトでは、気象・海象予測、海流データや各船の運航状態(速度、エンジン回転数など)、航海計画などの情報を陸上と本船間でリアルタイムに共有し、最適経済運航を実現します。インフラの整備やワークフローの構築も推進しており、その中で新たに開発されたのが独自のポータルサイト“NYK IBIS Portal”です。船長、運航担当者、船舶代理店などの関係者が同サイトにリアルタイムに情報を更新・共有することで、航海に関するさまざまな情報が集約され、迅速に意思決定することが可能になります。同サイトの活用は5月からコンテナ船全船で順次始まります。
 
昨年策定した中期経営計画“More Than Shipping 2013”で掲げた2015年までに2010年度比較で燃料消費効率10%向上を目指し、当社グループは今後も環境に優しい船舶の開発や最適な運航の取り組みを通し、環境対策に積極的に取り組んでいきます。
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。