1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. アジア‐南米西岸航路(ALEX)サービスを改編・大型化
    ―増加するニーズに対応、4、5月に相次ぎスタート―
 
 

アジア‐南米西岸航路(ALEX)サービスを改編・大型化
―増加するニーズに対応、4、5月に相次ぎスタート―

2012年4月11日

 当社はこのたび、株式会社商船三井、川崎汽船株式会社と共同で展開しているアジア‐南米西岸航路(ALEX-1/ALEX-2サービス)の改編・大型化を決定しました。

 4月末から既存のALEX-1とALEX-2を統合した上で大型化し、成長市場である南米地域で増加するお客さまのニーズに対応したサービスを提供します。
 
 改編後の寄港順やサービス開始時期などは下記の通りです。
 
【新ALEX(Asia Latin America Express)サービス】
77日ラウンド / 5,600~6,500TEU型11隻、ウィークリーサービス
 
< 寄港地 >
基隆(台湾)‐香港‐ダーチャンベイ(深セン)‐アモイ‐上海‐寧波‐釜山(韓国)‐マンザニーロ(メキシコ)‐カヤオ(ペルー)‐イキケ(チリ)‐バルパライソ(チリ)‐リルケン(チリ)‐カヤオ‐マンザニーロ‐東京‐基隆
< サービス開始 >
開始日・港:2012年4月26日・基隆
 
※ブエナベンチュラ(コロンビア)とグアヤキル(エクアドル)は、以下のサービスでそれぞれマンザニーロ、カヤオ経由での提供となります。
 
【MSX (Mexico South America Express)サービス】
21日ラウンド / 2,100TEU型3隻、ウィークリーサービス
 
< 寄港地 >
マンザニーロ‐ブエナベンチュラ‐カヤオ‐グアヤキル‐マンザニーロ
< サービス開始>
開始日・港: 2012年5月26日・マンザニーロ
 
     ホノルル(ハワイ)に関しては、新たに開始するAHX(Asia Hawaii Express)で直接寄航サービスを提供します。詳細はAHXサービスに関するニュースリリースをご参照ください。2012年4月11日発表 https://www.nyk.com/release/1960/NE_120411_2.html
 
 なお、極東出し中米向け貨物は引き続き、北米西岸‐メキシコ‐中米西岸を結ぶMAREX-Neoで対応します(マンザニーロ港でのトランシップ)。
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。