1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. 「+α(プラスアルファ)で物流のエキスパートに」
    ‐2012年度入社式で社長が訓示‐
 
 

「+α(プラスアルファ)で物流のエキスパートに」
‐2012年度入社式で社長が訓示‐

2012年4月2日

 当社は4月2日、東京都千代田区の本店ビルで2012年度新入社員入社式を行い、代表取締役社長 工藤泰三が新卒採用社員45人【陸上職33人、海上職2人<航海士>、海上職(自社養成コース)10人<航海士5人、機関士5人>】に対して以下の通り訓示を行いました。

 昨年は皆さんもご存知の通り本当に大変な1年でした。3月の東日本大震災に始まり、タイの大洪水やヨーロッパの金融危機などで当社も大変な影響を受け、2011年度は310億円を超える経常赤字を計上する見込みです。2012年度は何としても黒字に復帰しなければなりません。それと同時に、安定的な事業拡大を目指さなければなりません。
 
 安定的に事業を拡大するとはいっても、日本の少子高齢化などを考えると、「日本出し・日本向け」をベースにした事業では拡大の余地はほとんど残っていません。そのため、事業を拡大するには、当然海外に進出するしかありません。現時点での当社の売上高は日本発着が3割程度で残りの7割は三国間輸送が占めています。今後さらに成長するためには、この三国間輸送比率をより高めていく必要があります。
 
 幸い船は海を渡り、世界中どこにでも行けます。しかし船を持っているだけでは、海外事業の拡大は簡単にはできません。世界の船の大半は、日本、韓国、中国で建造されており、船の性能、価格にはほとんど差がありません。どのように競合他社と戦っていくのかは、船に乗る人、船を使う人、船を使ってサービスを提供する人に全てが掛かっているのです。
 
 今日入社した仲間の中には三等航海士もいます。船に乗るというのは大変な仕事ですが、逆に言えば先程申し上げた競合他社と差別化を図れる一番大きな部分です。海運業にとって一番大切なことは、とにかく事故を起こさない。事故を起こせば環境汚染にも直結します。そのため、まずは安全航行です。安全でなおかつ環境に優しい運航を提供すれば、間違いなく競合他社と戦っていけます。当社の場合、単純な船だけではなく、大型船やドリルシップ、シャトルタンカーなどの船も取り扱っています。こういう部分で私は間違いなく他社と差別化を図れると確信しています。今日入社した海の仲間もこの部分に大いに貢献してくれることを信じています。
 
 そして、船を使ってサービスをお客さまに提供する部分ですが、正直大変苦労しています。先程申し上げた通り、船の質には大きな差異がありません。そんな中でどう他社と競合していくのか、その方向性を示したのが昨年策定した中期経営計画“More Than Shipping 2013”です。当社は、船だけではなくプラスアルファをお客さまに提示し満足していただこうと考えていますので、私は皆さんにプラスアルファを勉強していただきたい。当社は、船だけではなく物流業に従事していることを自覚し、お客さまに対して「物流はすべてお任せください」と言えるような人間に育ってほしいと思っています。日本郵船グループには、船に加えて、陸上の倉庫やトラック、飛行機もあります。それらを上手く組み合わせて、お客さまが求める物流システムを構築する、それが私たちの使命です。船だけではなく、すべての部分でお客さまに貢献できれば、私たちは生き残っていけると確信しています。
 
 一般消費財を運ぶコンテナ船では、リーマン・ショックやヨーロッパの金融危機などで荷動きが大変鈍化しています。一方で、船は大量に建造が進んでいます。当然需給ギャップが拡大しており、世界中の主だったコンテナ会社が合従連衡の道を求めています。
 
 昨年12月に発表した「G6アライアンス」は、グランドアライアンスに所属する日本郵船(日本)、Hapag—Lloyd(ドイツ)、OOCL(香港)とザ・ニューワールドアライアンスに所属する商船三井(日本)、APL(シンガポール)、現代商船 (韓国)の6社で構成され、アジア/北欧州航路とアジア/地中海航路で3月から共同運航を開始しました。つまり、6社が全く同じサービスをお客さまに提供することになります。そこでどう差別化を求めるのか。当社がこれまで総合物流事業に力を入れてきた由縁がここにあります。君たちは、船だけではなく物流事業のエキスパートになってほしい。これが私の心からの願いです。君たちにはその資質があります。大いに頑張ってください。
 
 仕事も大事ですが、君たち自身の生活、人生はもっと大事です。仕事を楽しみつつ、君たちの人生を充分に楽しんで、素晴らしい人生を送っていっていただきたいと思います。君たちにはそれをかなえるツールがあります。日本郵船グループは大変いい会社です。そのツールを十二分に活用して、これから長い君たちの人生を大いにエンジョイしていただきたいと思います。一緒に頑張っていきましょう。
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。