1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. タイ洪水被災地への支援を実施
    =コンテナ33本分の生理食塩水など無償輸送=
 
 

タイ洪水被災地への支援を実施
=コンテナ33本分の生理食塩水など無償輸送=

2012年1月6日


写真左から:
タイ国営製薬公社 ウィティット・アンタウェーチャクン社長、
タイ保健省 パイジット・ワラーチット事務次官、ウィッタヤ・ブラナシリ大臣、
小島 誠二 タイ王国駐箚特命全権大使、
扶桑薬品工業株式会社 塩見惇二営業本部理事、
NYK (Thailand)社社長 佐藤実、 
タイ大塚製薬株式会社 﨑山基行社長

タイで昨年発生した洪水で深刻な被害を受けた被災者の皆さまには心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。当社グループは、被災地支援として海上無償輸送協力を行うとともに義援金として総額300万バーツ相当(約750万円)を届けました。

飲料水や生理食塩水などの救援物資合計33TEU(20フィートコンテナ33本分)は、海上無償輸送協力の一環として当社グループのコンテナ船で輸送され、12月から1月中にタイ政府などを通じて被災地に順次届けられます。また、12月28日にタイ保健省で行われた生理食塩水の寄贈式典には、小島誠二タイ王国駐箚特命全権大使、物資提供企業の代表者とともに、NYK (Thailand)社社長の佐藤実も出席しました。

当社グループは、このような支援活動を通して少しでも被災者のお役に立てることを目指し、今後とも地球社会と共に生きる「良き企業市民」として積極的に社会に役立つ活動に取り組んでまいります。

              以 上
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。