1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年
  4. NGOの途上国向け寄贈事業に無償輸送協力
    -再生自転車3万台、ランドセル10万個を突破-
 
 

NGOの途上国向け寄贈事業に無償輸送協力
-再生自転車3万台、ランドセル10万個を突破-

2012年11月29日


妊婦の移動を助ける再生自転車

当社グループは、開発途上国向けに支援活動を行っている国際協力NGOジョイセフ(注)の『再生自転車の海外譲与事業』と『想(おも)い出のランドセルギフト』に賛同し、社会貢献の一環として再生自転車とランドセルの海上輸送に協力しました。これまでに輸送した再生自転車の総数は、2012年11月の450台を合わせ30,424台、ランドセルは2012年6月の16,722個を合わせて105,929個となりました。
 
地方自治体とジョイセフで構成される「再生自転車海外譲与自治体連合会」では、放置自転車を集めて修理・再生し、ジョイセフが支援するアフガニスタン、カンボジア、スリランカなどの国に寄贈しています。届けられた再生自転車は、交通手段が乏しい村々に届けられ、妊婦を搬送するなど保健医療の普及活動に役立てられており、当社グループでは2000年度からこの輸送に無償協力しています。

 


届けられたランドセルを背負い通学する子どもたち

再生自転車に続き、2004年度からはジョイセフが行うランドセルの輸送にも協力しています。日本全国から集められたランドセルは、ボランティアの方々によって傷や汚れなどがないか一つずつ検品・梱包され、約3週間の航海と数週間のトラック輸送を経て、アフガニスタンの子どもたちに届けられます。
贈られたランドセルは、片道10キロ以上の険しい山道を通学している子どもたちの両手が空くことで、けがや不慮の事故を防いでいます。大人たちにとっても、ランドセルは子どもを学校へ通わせることの大切さが目で見て分かる「教育」の象徴になっています。
 
当社グループでは、引き続き国際協力NGOジョイセフと共同して海上輸送協力を行っていきます。
 
(注)ジョイセフ
1968年に設立され、主にアジア・アフリカの開発途上国の妊産婦と女性の健康を守るために活動している日本生まれの国際協力NGO。国連、国際機関、現地NGOや地域住民と連携し、保健分野の人材養成、物資支援、プロジェクトを通して生活向上等の支援を行っている。
 
http://www.joicfp.or.jp/jp/
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。