1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2011年
  4. 2隻目の当社と東京ガス出資会社の2社間共有LNG船
    「エネルギーホライズン」と命名
 
 

2隻目の当社と東京ガス出資会社の2社間共有LNG船
「エネルギーホライズン」と命名

2011年7月6日


「エネルギーホライズン」

 当社と東京エルエヌジータンカー株式会社が川崎重工業株式会社にて建造している新造LNG(液化天然ガス)運搬船の命名式が7月6日、同社坂出工場(香川県)で行われました。式典では、東京ガス株式会社の岡本毅代表取締役社長が同船を「エネルギーホライズン」(Energy Horizon)と命名し、同ご令室による支綱切断が行われました。当社からは代表取締役社長の工藤泰三が出席しました。 

本船名にある「ホライズン」には、「水平線、展望」という意味があり、天然ガスの持つ可能性をかさね合わせて、命名されました。
 


写真左:川崎重工業株式会社 長谷川聰社長、ご令室
写真中央:東京ガス株式会社 岡本毅社長、ご令室
写真右:当社社長 工藤泰三、ご令室

エネルギーホライズンは、当社と東京エルエヌジータンカーとの間での2隻目の共有船となります(保有比率:当社90%、東京エルエヌジータンカー10%)。同船は竣工後20年間の傭船契約に基づき、オーストラリアをはじめ、さまざまな国からのLNG輸送に従事する予定です。
 
本船はモス型球形タンクでは最大の177,000m3(積載容量175,000 m3)の貨物容積で輸送効率を高めるとともに、LNG運搬船では世界初となる、再熱式ボイラとリヒートタービンを搭載した再熱タービンプラント(注)により、従来型蒸気タービン船に比べ約15%燃費削減した新型の省エネ船となっています。
 
当社は今後も安定的かつ経済的なLNG輸送に従事します。
 
 
【「エネルギーホライズン」概要 】
タンク容量: 約177,000m3 (積載容量175,000 m3)
全長: 約300.00メートル
全幅: 約52.00メートル
総トン数              : 約143,000トン
造船所: 川崎重工業株式会社坂出工場
就航:2011年8月(予定)
 
 
■東京エルエヌジータンカー株式会社
東京ガス株式会社の100%出資子会社で、1991年に東京ガスのLNG輸送を目的に設立された。事業内容は、船舶の保有・船舶貸渡業・LNGおよびLPGの海上輸送等で、資本金12億円。保有(含む共有)・管理隻数は10隻。
 
 
(注)再熱タービンプラント
従来型タービンプラントの高い信頼性、保守性等の長所を維持しながら、さらに再熱サイクルの適用により高効率化したタービンプラント。従来型タービンプラント比でプラント効率が約15%向上。
 
   以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。