1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2010年
  4. 空気潤滑システム搭載船「YAMATO」(大和)竣工
    -送風機方式の外航船世界2隻目-
 
 

空気潤滑システム搭載船「YAMATO」(大和)竣工
-送風機方式の外航船世界2隻目-

2010年12月2日

 当社グループの日之出郵船株式会社が建造を進めていたモジュール運搬船1「YAMATO(大和)」が、11月29日に三菱重工業株式会社長崎造船所香焼工場で竣工しました。本船は、泡の力で摩擦抵抗を低減させる空気潤滑システム注2を搭載しており、外航船では同システムを世界で初めて恒久的運用した同社運航の「YAMATAI」に続く2隻目のエコ船となります。

 11月17日、三菱重工長崎造船所で行われた命名式では、日之出郵船代表取締役社長 木下純夫が同船を「YAMATO」(大和)と命名し、千代田化工建設 久保田隆代表取締役社長の令夫人による支綱切断が行われました。三菱重工からは原壽 取締役常務執行役員が、当社からは特別顧問 小林進二が出席しました。
 
 同船では、空気潤滑システムの搭載により、送風機で空気を船底に送り込み、泡の力で船舶と海水の摩擦抵抗を低減させることで約10%のCO削減効果が見込まれています。なお、この空気潤滑システム搭載は、国土交通省から2010年度の「船舶からのCO2削減技術開発支援事業」の補助対象事業として選定を受け、日本海事協会の共同研究事業による支援を受けています。
 
 当社グループは地球温暖化の抑制に向けて、今後も積極的に取り組んでいきます。
 
 
本船概要
全長              :162.00メートル
全幅              :38.00メートル
計画満載喫水    :6.34 メートル
総トン数        :14,538トン
載貨重量トン数  :19,812トン
造船所       :三菱重工業株式会社 長崎造船所香焼工場
 
注1) 石油・ガス開発サイトや工場に設置されるプラントなどを数千トン規模の半完成品に組み立てた"モジュール"と呼ばれる貨物をロール・オン/オフ方式で積載し輸送する特殊重量物輸送船
 
注2) 2010年2月24日発表「泡のチカラでエコ「空気潤滑システム」の実証実験へ~海水抵抗を低減、CO?10%削減見込む~」https://www.nyk.com/release/787/NE_100224.html
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。