環境フラッグシップ

エネルギー転換への取り組み【LNG燃料船・LNG燃料供給事業・ゼロエミッション燃料】

船舶では従来、重油が燃料として使用されてきましたが、液化天然ガス(LNG)へ燃料転換することで、重油使用時と比較してCO2排出量を約30%、NOx排出量を約80%、SOxは100%削減することが可能となります。当社グループは2011年10月に燃料グループ内に専任チーム(現 グリーンビジネスグループ クリーン燃料ビジネスチーム)を設置し、燃料転換に関する研究、技術開発を進め、世界に先駆けてLNG燃料船を実用化させてきました。2015年8月には国内初のLNG燃料タグボートが竣工、また、2016年9⽉には世界初のLNG燃料⾃動⾞専⽤船2隻が竣⼯したほか、2020年10月には大型のLNG燃料自動車専用船「SAKURA LEADER」が竣工しました。
2022年には二隻目の大型のLNG燃料自動車専用船が、2023年には世界初の大型のLNG燃料石炭専用船が竣工する予定です。

これらの船は、重油とともにLNGを燃料として使用出来るDuel Fuelエンジンを搭載しており、LNG燃料での運航時には環境規制ガスの排出低減が可能となります。LNG燃料船の建造と運航を通じてさらなる知見を蓄積し、更に多くの大型船や他船種へ展開していきます。

セントラルLNGマリンフューエル
株式会社提供

また当社は、川崎汽船(株)、(株)JERA、豊田通商(株)と共同で日本初のLNG燃料供給船による供給・販売事業に取り組んでいます。2020年9月に「かぐや」と命名された日本初のLNG燃料供給船を実用化させ、2020年10月にはLNG燃料自動車専用船「SAKURA LEADER」に対し、日本初のShip-to-Ship方式(注1)による船舶向けLNG燃料供給を実施しました。当社は今後もLNG燃料市場を供給と需要の両面から発展させ、船舶燃料のLNG化を促進し環境負荷の低減に貢献します。

さらに当社はアンモニアや水素といったゼロエミッション燃料の実用化に向けた取り組みにも着手しており、海事産業だけでなく、エネルギー産業の脱炭素化に貢献します。(各取り組みの概要については関連リンクを参照下さい。)

  1. ※1「Ship-to-Ship」方式
    岸壁・桟橋に係留中のLNG燃料船、もしくは錨泊中のLNG燃料船にLNG燃料供給船が接舷(横付け)してLNG燃料を供給する方法。
LNG燃料自動車船 SAKURA LEADER
LNG燃料供給の様子
関連リンク:

【LNG燃料石炭専用船】

【LNG燃料自動車専用船】

【LNG燃料供給船(日本)】

【欧州でのLNG燃料関連事業】

【船舶のゼロエミッション化への取り組み】

国内初のLNG燃料船【魁】

2015年8月、当社が建造を進めていた、LNG(液化天然ガス)を燃料として使用可能なLNG燃料タグボート【魁】(総トン数272トン)が当社グループ会社の京浜ドック株式会社追浜工場にて竣工しました。日本初のLNG燃料船となる本船は、船舶の燃料としてのLNGの有効性を検証し、LNG燃料という新たな事業分野を切りひらくフラッグシップとして期待されています。本船は当社から(株)ウィングマリタイムサービス(当時、現(株)新日本海洋社)に用船され、主に横浜・川崎港での作業に従事しています。本船は重油とLNGを燃料として使用できるDual Fuelエンジンを搭載し、LNGを使用する場合、重油使用時と比較して二酸化炭素(CO2)量を約30%、窒素酸化物(NOx)を約80%、硫黄酸化物(SOx)を約100%、それぞれ削減することが可能です。本船に採用されたLNG受入システム、LNG気化システムに関しては3件の特許を出願しています。

LNG供給に際しては、供給者である東京ガス株式会社と共に、関係法令への対応、及び船舶への安全かつ効率的な供給手法を確立しており、「Truck to Ship」方式※2により横浜市のふ頭で実施します。
また本船は、2016年5月に一般社団法人日本物流団体連合会から、「物流環境負荷軽減技術開発賞」を京浜ドック(株)、(株)ウィングマリタイムサービス(当時、現(株)新日本海洋社)とともに受賞しました。さらに公益財団法人日本船舶海洋工学会が受賞する「シップ・オブ・ザ・イヤー2015」の技術特別賞を受賞しました。
また、2019年5月には北九州にて九州・瀬戸内地区での初のtruck-to-shipでのLNG燃料供給の実証実験に参加したほか、2020年1月には横浜にて通算100回目のLNG燃料供給を達成しました。

魁 写真
  1. ※2「Truck to Ship」方式
    船舶へのLNG供給手法の一つ。タンクローリーよりフレキシブルホースを用い、船舶へLNGを供給する。