GRIガイドライン/ISO26000:一般標準開示項目

NYKレポート2018の作成およびウェブサイト「CSR活動」での情報開示については、「GRI(Global Reporting Initiative)」の「GRI STANDARDS」を参照いたしました。以下は、GRIガイドラインおよびISO26000との対照表を示しています。

一般標準開示項目 ISO26000の関連する
中核主題と課題
掲載URL/ページ
戦略及び分析
102-14 サステナビリティに取り組むための戦略に関する、組織の最高意思決定者の声明 6.2 組織統治
102-15 重要なインパクト、リスク、機会の説明 6.2 組織統治
組織のプロフィール
102-1 組織の名称  
102-2
  1. a組織の事業活動に関する説明
  2. b主要なブランド、製品、およびサービス
 
102-3 組織の本社の所在地  
102-4 組織が事業を展開している国の数、および重要な事業所を所有している国の名称  
102-5 組織の所有形態や法人格の形態  
102-6 参入市場  
102-7 組織の規模  
102-8 従業員およびその他の労働者に関する情報 6.4 労働慣行
6.4.3 雇用及び雇用関係
102-41 団体交渉協定の対象となる全従業員の割合 6.3 人権
6.3.10 課題8:労働における基本的原則及び権利
6.4 労働慣行
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.4.4 課題2:労働条件及び社会的保護
6.4.5 課題3:社会対話
102-9 組織のサプライチェーンの説明  
102-10 組織の規模、構造、所有形態、またはサプライチェーンに関して生じた重大な変化  
外部のイニシアティブへのコミットメント
102-11 組織が予防原則や予防的アプローチに取り組んでいるか 6.2 組織統治
102-12 外部で作成された経済、環境、社会の憲章、原則その他、組織が署名または支持しているもの 6.2 組織統治
102-13 業界団体、他、国内外の提言機関で組織が持っている主な会員資格 6.2 組織統治
特定されたマテリアルな側面とバウンダリー
102-45 連結財務諸表の対象になっているすべての事業体のリスト 6.2 組織統治
102-46 報告書の内容および項目の該当範囲を確定するためのプロセスの説明  
102-47 報告書の内容を確定するプロセスで特定したマテリアルな項目のリスト  
103-1 マテリアリティ  
102-48 情報を修正再記述  
102-49 マテリアルな項目および項目の該当範囲  
ステークホルダー・エンゲージメント
102-40 組織がエンゲージメントしたステークホルダー・グループのリスト 6.2 組織統治
102-42 組織がエンゲージメントを行うステークホルダーを特定および選定する基準 6.2 組織統治
102-43 組織のステークホルダー・エンゲージメントへのアプローチ方法 6.2 組織統治
102-44 ステークホルダー・エンゲージメントにより提起された重要な項目および懸念 6.2 組織統治
報告書のプロフィール
102-50 提供情報の報告期間  
102-51 前回発行した報告書の日付  
102-52 報告サイクル  
102-53 報告書またはその内容に関する質問の窓口  
GRI 内容索引
102-55 GRIの内容索引  
保証
102-56 報告書の外部保証に関する組織の方針  
ガバナンス
ガバナンスの構造と構成
102-18 組織のガバナンス構造 6.2 組織統治
102-19 最高ガバナンス機関から役員や他の従業員へ、経済、環境、社会項目に関して権限委譲を行うプロセス 6.2 組織統治
102-20 経済、環境、社会項目の責任者の任命 6.2 組織統治
102-21 ステークホルダーと最高ガバナンス機関の間で、経済、環境、社会項目に関して協議を行うプロセス 6.2 組織統治
102-22 最高ガバナンス機関およびその委員会の構成 6.2 組織統治
102-23 最高ガバナンス機関の議長が組織の執行役員の兼務 6.2 組織統治
102-24 最高ガバナンス機関およびその委員会メンバーの指名と選出のプロセス 6.2 組織統治
102-25 利益相反の回避、対処のために最高ガバナンス機関が行っているプロセス 6.2 組織統治
目的、価値、戦略の設定における最高ガバナンス組織の役割
102-26 経済、環境、社会項目に関わる組織の目的、価値観、ミッション・ステートメント、戦略、方針、目標の策定、承認 6.2 組織統治
最高ガバナンス組織の能力およびパフォーマンスの評価
102-27 経済、環境、社会項目に関する最高ガバナンス機関の集合的知見を発展、強化するために実施した施策 6.2 組織統治
102-28 最高ガバナンス機関の経済、環境、社会項目のガバナンスに関するパフォーマンスを評価するためのプロセス 6.2 組織統治
リスク・マネジメントにおける最高ガバナンス組織の役割
102-29 経済、環境、社会項目、およびそのインパクト、リスク、機会の特定とマネジメントにおける最高ガバナンス機関の役割。デュー・デリジェンス・プロセスの実施 6.2 組織統治
102-30 経済、環境、社会項目に関するリスクマネジメント・プロセスの有効性のレビュー 6.2 組織統治
102-31 経済、環境、社会項目、およびそのインパクト、リスク、機会に関して最高ガバナンス機関が行うレビュー 6.2 組織統治
サステナビリティ報告における最高ガバナンス組織の役割
102-32 組織のサステナビリティ報告書の正式なレビューや承認を行う、最高位の委員会または役職 6.2 組織統治
経済、環境、社会パフォーマンスの評価における最高ガバナンス組織の役割
102-33 最高ガバナンス機関に対して重大な懸念事項を伝達するために設けられているプロセス 6.2 組織統治
102-34 最高ガバナンス機関に伝達された重大な懸念事項 6.2 組織統治
報酬とインセンティブ
102-35 最高ガバナンス機関および役員に対する報酬方針 6.2 組織統治
102-36 報酬の決定プロセス 6.2 組織統治
102-37 報酬に関するステークホルダーの意見の考慮 6.2 組織統治
102-38 組織の重要事業所があるそれぞれの国の最高給与所得者における年間報酬総額の、同じ国の全従業員における年間報酬額の中央値(最高給与所得者を除く)に対する比率 6.2 組織統治
102-39 組織の重要事業所があるそれぞれの国の最高給与所得者における年間報酬総額の増加率の、同じ国の全従業員における年間報酬総額の中央値(最高給与所得者を除く)の増加率に対する比率 6.2 組織統治
倫理と誠実性
102-16 組織の価値観、理念、行動基準・規範についての説明 6.2 組織統治
102-17 組織内外に設けられている次の制度について 6.2 組織統治