1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2017年
  4. 132年の歴史の中で初の女性船長が誕生
    ―多様な人材が活躍できる環境整備に注力―
 
 

132年の歴史の中で初の女性船長が誕生
―多様な人材が活躍できる環境整備に注力―

2017年4月3日

当社は4月1日に女性海技者(航海士)である小西智子を船長に登用しました。これにより当社132年の歴史の中で初めての女性船長が誕生しました。

当社は2004年に他の外航船社に先駆けて小西智子を初の女性海技者(航海士)として採用しました。小西は同年、鳥羽商船高等専門学校を卒業し、当社入社後、女性海技者の先駆者として、コンテナ船、自動車専用船、LNG船などで乗船経験を積み、陸上勤務においても海上で培った海技力を活かすなど、幅広いフィールドで活躍してきました。

2004年以降、当社の女性海技者は年々増加し、現在14名が勤務しており、その活躍の場は海上・陸上を問わず全世界に広がっています。当社は今後も、多様な人材が活躍できる職場環境づくりと人材育成を推進していきます。

以上

<参考:当社日本人船員の歴史>
・1885年 日本郵船会社創業
・1896年 ボンベイ航路「廣島丸」で初めての日本人船長(島津五三郎)が誕生。
・1920年 全ての高級船員(約1400人、船長、機関長、通信長、事務長など)を日本人で占める。
・2004年 業界他社に先駆けて女性海技者を採用。
・2006年 自社養成の開始(一般大学卒業生の海技者としての採用)。
・2017年 日本郵船会社設立以来132年目で初めての女性船長の誕生。
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。