1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2011年
  4. 新中計“More Than Shipping 2013”で海洋事業、船員戦略
    ―2011年NYKグループ重大ニュース―
 
 

新中計“More Than Shipping 2013”で海洋事業、船員戦略
―2011年NYKグループ重大ニュース―

2011年12月26日

 

 2011年の当社グループ重大ニュースを発表します。

◆各種SRI(社会的責任投資)格付けに選定
〈1月〉Global 100(最も持続可能な世界の100社)に5年連続
〈3月〉SAM社(スイス)のCSR格付けでSilver Class(銀)に2年連続
〈4月〉FTSE4Good Global Indexに9年連続、2011 World‘s Most Ethical Companiesに4年連続で選定
〈9月〉DJSI(Dow Jones Sustainability Indexes)に9年連続で選定
 
◆シャトルタンカー事業の稼動開始
〈2月〉 Knutsen NYK Offshore Tankers社(KNOT、ノルウェー)の第1船としてシャトルタンカー“Bodil Knutsen”竣工
〈8月〉 KNOT初の定期用船契約となる5年間の契約をRepsol YPF社(スペイン)と締結〈9月〉 最長10年間の定期用船契約をEni社(イタリア)と締結
〈12月〉10年の定期用船契約を延長オプション付きでExxonMobil子会社と締結
 
◆Thai Oil社と原油輸送合弁会社を設立
2月Thai Oil Public社(タイ)と合弁で、TOP-NYK MarineOne社をシンガポールに設立。当社保有のVLCC“Tenyo”を同社に売船、共同保有とし、10年間の定期用船契約を締結
 
◆新中期経営計画“More Than Shipping 2013”発表とNYKグループロゴ変更
3月「アジアの成長を世界へ繋ぐ」をテーマに、2011年4月から3カ年の新中期経営計画“More Than Shipping 2013”を発表。これに伴いグループ経営推進力をさらに高めるべくNYKグループロゴのデザインを変更
 
◆東日本大震災被災地の支援活動
<救援物資無償輸送> 社団法人日本経済団体連合会と協力し、3月モジュール船“Yamatai”で八戸港(青森県)を通じ、被災地へ救援物資を輸送、4月日本コンテナ輸送株式会社のコンテナトレーラーで岩手県と宮城県へ救援物資を輸送
<被災地復興支援> 6月から女川町(宮城県)、宮古市(岩手県)など東北地方の漁港へ冷凍コンテナ100本を提供 、10~12月 陸前高田市(岩手県)へ計約120人の当社グループボランティアを3ヶ月間連続で派遣
 
◆“Auriga Leader”が当社グループの環境フラッグシップに
5月世界初の太陽光エネルギー船の自動車専用船“Auriga Leader”がハイブリッド給電システム、バラスト水処理装置を搭載、低硫黄燃料油対応をして当社グループの環境フラッグシップに
 
◆ブラジルのPETROBRAS社向けFPSO事業に参画
〈6月〉伊藤忠商事株式会社と当社の合弁会社は、SBM Offshore社(オランダ)およびQueiroz Galvao Oleo e Gas社(ブラジル)と合弁会社を設立
〈7月〉同合弁会社はPetroleo Brasileiro社(PETROBRAS、ブラジル)との20年の定期用船契約と操業契約を結び、FPSO(浮体式原油・ガス一次処理・貯蔵・積出設備)事業に参画
 
◆米Crystal Cruises社、16年連続で世界最高賞
7月米国の旅行雑誌『Travel + Leisure』の読者投票でWorld’s Best Large-Ship Cruise Lineに16年連続で選出、10月米国旅行業界誌で5年連続の最高賞、5月に全面改装した“Crystal Serenity”は米国旅行業界誌のデザイン2部門で金賞受賞、ほかにも数々の賞を受賞 
 
◆船員戦略実施の加速、比NTMA第1期生116人が卒業
9月当社がTransnational Diversified Group(TDG、フィリピン)と共同運営するNYK-TDG Maritime Academy(NTMA、フィリピン)の第1期生116人が卒業。NTMAは国土交通省の新制度認定を受け、同校卒業生は日本籍船乗船時の承認試験免除に。フィリピン人船員のシニア職員への戦略的登用を推進し、船員育成から船舶管理まで、同国での一貫体制構築を発表
 
◆邦船社初の輸送中CO2排出量のオンラインツール
10月コンテナ船貨物と国際航空貨物の輸送中の二酸化炭素(CO2)排出量をオンラインで確認できる算出ツール「NYK GROUP CO2 e-calculator」を邦船社として初めて開発し、公開
 
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。