1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2018年
  4. 飛鳥Ⅱが「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」で26年連続第1位
 
 

飛鳥Ⅱが「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」で26年連続第1位

2018年2月28日


 
 当社グループの郵船クルーズ株式会社が保有、運航する客船「飛鳥Ⅱ」がクルーズ専門誌『CRUISE(クルーズ)』の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」で2017年度の総合・日本船の2部門で第1位を獲得しました。

 「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」は、『CRUISE』の読者が「あなたの好きな客船とその理由」について投票を行い、ランキングを決定するもので、1992年度から実施されており、初代「飛鳥」から26年連続の第1位となりました。

 「飛鳥Ⅱ」への投票理由としては「品のある空間にいるだけで幸せな気分になる」「丁寧な対応やサービスはいつ乗船しても完璧」といった上品な内装や雰囲気、質の高いおもてなしのサービスを評価したものが多数を占めました。

 飛鳥クルーズは常にお客さまの意見にお応えし、心を尽くしたサービスを提供できるよう努めています。本年1月には、客室内に電源やUSBポートを追加、見晴らしの良いラウンジ「パームコート」に航路図を表示した大画面モニターを設置するなど、船内施設の細部にも気を配りました。

 3月25日から開始する3年ぶりの世界一周クルーズは、販売開始後すぐに満室となるほどお客さまに好評です。

 今後も、当社はグループを挙げて、お客さまにご満足いただける高品質のクルーズをお届けできるよう努めます。


<郵船クルーズ株式会社>
本社:横浜市西区
代表者:代表取締役社長 服部 浩
株主:日本郵船株式会社100%
ウェブサイト:https://www.asukacruise.co.jp/
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。