1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2017年
  4. 九州電力とLNG輸送協力に関する覚書を締結
    ―多様化するお客さまのニーズに合わせた輸送形態の提供―
 
 

九州電力とLNG輸送協力に関する覚書を締結
―多様化するお客さまのニーズに合わせた輸送形態の提供―

2017年6月29日

当社と九州電力株式会社(以下、九州電力)は、これまで両社が積み上げてきたエネルギー輸送における実績と信頼関係を基に、本日、液化天然ガス(LNG)輸送などの協力体制に関する覚書を締結しました。

覚書の主な内容は、以下の通りです。

・九州電力のLNG輸送においての短期需要が発生した時、当社LNG船の有効活用を検討します。これにより、当社は効率配船による収益力向上、九州電力はLNG輸送における柔軟性・機動性の向上を図ります。

・LNG供給と船舶事業の複合事業(LNGバンカリングなど)の共同実施の可能性について検討します。

本覚書に加え、当社は当社保有LNG船「グレース・バレリア(Grace Barleria)」(総トン数:100,450トン)を今月から九州電力向け定期傭船に投入しました。本船は最長約11年間、豪州ウィートストーンプロジェクトをはじめとしたLNG輸送に従事する予定です。

当社は今後も、多様化するお客さまのニーズに合わせて柔軟かつ最適なLNG輸送の形態を提案し、運賃安定型事業の基盤を着実に強化していきます。

「グレース・バレリア(Grace Barleria)」

 以上

 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。