1. Home
  2. IR情報
  3. 日本郵船の5つの強み
  4. 1. バランスの取れた事業ポートフォリオ

日本郵船の5つの強み

1. バランスの取れた事業ポートフォリオ

a) 海運 vs 非海運間の適正なバランス

  • 本業は海運業だが、非海運事業(物流事業、航空運送事業、不動産業等)にも従事
  • 非海運事業はグループ全体の売上の35%程度
  • 海運事業と非海運事業は互いに補完関係にあり、グループ収支の安定化に寄与

b) 定期船事業への依存度が低い

  • 定期船事業は、運賃相場が船腹量と貨物量の需給関係に敏感に反応するため、収支の安定化が困難と言われている
  • 邦船他社に比べ、当社の海運業収入に占める定期船事業の比率は低い

(数値は連結ベースの売上高)

c) 世界全域にリスク分散(特定地域に偏っていない)

  • 日本での売上は全体の約30%程度。
  • 特定の地域(日本)の景気動向に依存するものではなく、世界全域にリスク分散

※二国間輸送の場合、その賃収は二国間で折半しカウント