1. ホーム
  2. IR情報
  3. 業績・財務情報
  4. 業績ハイライト [セグメント別推移]
 
 

業績ハイライト

セグメント別推移

セグメント別売上高構成比率(2016年度実績)

セグメント別売上高構成比率グラフ

2017年度3月期第2四半期決算のセグメント別概要

定期船事業

コンテナ船部門では、北米航路の荷動きは活発であったものの、アライアンスの再編や一部船社による臨時船の投入に伴うトレード全体の供給キャパシティの増加を補うには至らず、スポット運賃の回復はやや足踏み状態となりました。欧州航路は旺盛な貨物需要に支えられ、市況は堅調に推移しました。

サービス面では、平成29年4月1日より当社を含む5社からなる「ザ・アライアンス “THE Alliance”」として新サービスを開始していますが、アジア/北米、アジア/欧州、大西洋及びアジア/中東航路にて、直航サービスを充実させながら広範囲なネットワークの形成を実現することで、競争力を高めました。コスト面では、引き続き積載効率の追求、燃費効率に優れた新造14,000TEU型コンテナ船の投入、航路事情に即した最適経済運航及び配船を軸として船費や運航費の圧縮に努めました。また、効率的なコンテナ運用をはじめとする施策により貨物費の削減にも努め、収益性と市況耐性を高めました。国内・海外コンテナターミナルの総取扱量は前年同期比で増加し、定期船事業全体で業績は大幅に改善し、前年同期比増収となり利益を計上しました。

さらに市場における競争力を高めてコンテナ船事業を安定的かつ持続的に運営するため、当社は川崎汽船㈱、㈱商船三井と定期コンテナ船事業(海外ターミナル事業を含む)の統合を進めています。平成29年7月7日には統合後の事業会社となるOCEAN NETWORK EXPRESS PTE. LTD. (“ONE”)をシンガポールにて設立し、当第2四半期連結会計期間より持分法適用会社としています。同社は平成30年4月1日よりONEとしてサービスを開始すべく、準備を進めています。

航空運送事業

航空運送事業は、燃料油価格の上昇、整備費の増加、機材の小規模な不具合や発着地空港混雑などの特殊要因があったものの、堅調な荷動きに支えられ、輸送量は増加し運賃も上昇しました。

以上の結果、前年同期比増収となり業績は改善しました。

物流事業

航空貨物取扱事業は、粗利の低迷が継続し、特に東アジア・米州が不調となりました。海上貨物取扱事業は、前年比で取扱量は増加したものの、アジア発を中心に海上運賃仕入コストが高止まり、粗利が想定した水準に達しませんでした。ロジスティクス事業は、米州の陸送事業の不調が継続し、南アジア地域の倉庫事業も低調となりました。内航輸送事業は、台風による航海数減少の影響はありましたが、荷動きは堅調でした。

以上の結果、物流事業全体で前年同期比増収であったものの減益となりました。

不定期専用船事業

自動車輸送部門では、原油をはじめとした資源価格の低迷を背景に主に資源国向け輸送量が伸び悩みましたが、北米、欧州、アジア地域などへの堅調な輸送需要に着実かつ効率的な配船で対応した結果、完成車海上輸送台数は前年同期を上回りました。欧州域内ではLNG燃料自動車船が順調に運航を継続しております。自動車物流では、中国やインド、欧州を中心とした既存事業は概ね順調に推移しました。また、ケニアでの新規事業が営業を開始するなど、成長市場における事業拡大も進めました。

ドライバルク部門では、鉄鉱石、石炭、穀物は揃って荷動きは増加しました。解撤よりも新造船の竣工数が上回り、船腹過剰の本格的な解消には至らなかったものの、前年度後半に大底を脱した市況は、その後緩やかな回復傾向が続いています。このような状況下、当社グループは長期契約の獲得に努めるとともに、効率的な運航の徹底を進めるなどのコスト削減に取り組みました。さらに、貨物の組合せや配船の工夫によりバラスト航海を減らすなど、収支の向上を図りました。

リキッド部門では、VLCC(大型タンカー)は、荷動きが堅調だったものの新造船の供給圧力が強く、石油製品タンカーは東西荷動きが低迷し、また、LPG船は米国発東アジア向けなどの長距離輸送貨物が減少し、前年同期比でそれぞれ市況は悪化しました。LNG船は安定的な収益を生む長期契約に支えられて順調に推移し、海洋事業はFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)、ドリルシップやシャトルタンカーが順調に稼動しました。

以上の結果、不定期専用船事業全体で前年同期比増収となり利益を計上しました。

不動産業

不動産業は、前年度の出資先による信託受益権売却に伴い賃貸借契約を解約した影響や、新たな物件を取得したことに伴う一時費用の発生などもあり、前年同期比減収減益となりました。

その他の事業

その他の事業は、客船事業では一部の企画で集客が振るわなかったものの、舶用燃料油販売事業などが好調で前年同期比増収となり利益を計上しました。

(億円)
  2015年度 2016年度 2017年度
1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q
定期船
事業
売上高 1,841 1,940 1,686 1,594 1,414 1,391 1,498 1,554 1,715 1,790
経常利益 39 38 -69 -11 -88 -64 39 -13 57 76
航空運送
事業
売上高 246 242 238 183 190 194 225 209 233 237
経常利益 8 1 12 -6 -19 -14 22 38 7 -8
物流事業 売上高 1,234 1,260 1,299 1,170 1,138 1,119 1,180 1,175 1,189 1,277
経常利益 23 37 41 16 21 24 20 9 -0 13
不定期
専用船
事業
売上高 2,375 2,456 2,269 1,921 1,801 1,696 1,766 1,912 1,889 1,922
経常利益 144 128 137 56 -8 -85 80 -27 27 22
不動産業 売上高 23 25 24 24 24 24 25 20 19 19
経常利益 7 9 8 7 9 9 94 7 6 8
その他の
事業
売上高 378 386 365 339 320 345 370 428 390 400
経常利益 -1 2 8 -9 -6 1 6 -16 11 9

(注)億円未満 切り捨て